人付き合いが苦手!でも孤独はいや!人付き合いを乗り切る方法を紹介!!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

はじめまして、トシです。

「一人は寂しい、でも人付き合いが苦手なんだよな」
「人付き合いが苦手だから、人との交流がある場面で、いつも困ってしまう」

そんな方が、ストレスを感じてしまう瞬間5選を紹介します。

自分がどういう事に苦手意識をもっているのか、そこを知ることが解決への第一ステップです。

そして、孤独を感じないためにも、考え方を少し変えてみると良いですよ。
なるべくネガティブ思考にならないように生活するだけで、ストレス軽減に繋がります。

僕も昔、人付き合いは苦手な方でした。

しかも何をするにも自分に自信が持てない学生生活を送り、彼女の一人もできない。
そんなつらい青春時代を過ごしてしまったのです。

今でも、もう少し早く行動にうつしていれば、後悔しか残らない青春時代を送ることもなかったかもしれないなと思ってしまいます。

どんな人でも苦手なことはありますよ。
人付き合いが苦手な人は、その苦手と共存できるように
『ネガティブ思考にならないためにできる4つの事』を実践してみてください。

自分を偽るのではなく、ありのままの自分で、少しでも楽しい生活に繋げていきましょう。

人付き合いが苦手と感じる人がストレスを感じる瞬間5選

人付き合いが苦手という方は、大半の人が感じてしまう感情。
こんな調査結果があります。

画像引用:noel

この調査結果では、100人中60%もの人が、【人付き合いが苦手】だと回答しています。
その中で、さらに孤独感を強く抱いてしまう人は、

「友達はいるが、本当に信頼できる人が、一人もいない」
「人付き合いが苦手だけど、いつか一人になってしまう恐怖がずっとある」

と考えてしまうことが、多いのではないでしょうか。
さらに人付き合いが苦手と感じる人は、以下のような事でストレスを感じてしまいます。
あなたは、どのくらい当てはまりますか。

会話が長く続かない(コミュニケーションが苦手)

「当たり障りのない会話ばかりになり、盛り上がらない」
「何を話せばいいか、思いつかず、沈黙になってしまう」

こんな風に会話が長く続かない人は、感情をうまく引き出せない人が、多いのではないでしょうか。
その時の気分・タイミングによるものが多いですが、

「笑うタイミングなのに、真顔で返してしまった」
「相手の気持ちに共感してあげれない」

とネガティブに感じてしまい、ストレスになってしまう場面が多いといった特徴が言えます。

人といると気を使ってしまい疲れてしまう

気を使ってしまう人は、自分の意見を相手に押し付けるのが苦手な人。
優しい人・自分が傷つくことを極端に嫌う人が、多いでしょう。

「今、何を求められているだろう?」

などを常に考えてしまい、何かを決めなきゃいけない場面など

「みんななんでもいいって言うから、自分が意見を出してあげなきゃ決まらないな」

と空気を読んで、行動しがちです。
一人になった時に、どっと疲れてしまう事が多いのではないでしょうか。

会話を難しく捉えてしまう

会話を難しく捉えてしまう人は、些細な冗談も受け流せない人が多いです。

人とのコミュニケーションの際に、

「今のどういう意味?」
「え?普通そんな事言う?」

特にネガティブな方向に流れてしまうことが多いので、会話がストレスになってしまいます。

人との関わりがめんどくさいと感じてしまう

「人と会うのがめんどくさい」
「会話のキャッチボールがめんどくさい」
「レスポンスが、めんどくさい」

という方は、自分にメリットがない人との関わりを、極端に避けたがる人が多いのではないでしょうか。

でもいざ、一人になると寂しい・孤独感を強く抱いてしまい、ジレンマに。

自分に自信が持てない

生きていくうえで、どうしても人との繋がりが、できてしまう世の中。
それが多い人・少ない人どちらでも自信が持てないといった体験は、あると思います。

この場合の【自信が持てない人】の特徴として、
自分の発する言動・行動に対して自信が持てないといった内容が、多いのではないでしょうか。

安らぎを感じられる場所・自分らしくいられる場所が少なく感じてしまい、それがストレスとなってしまうのでしょう。

どのタイプにも言える大切なことを、これから解説したいと思います。

人付き合いが苦手で孤独を感じてしまう方に大切な事

人付き合いがどんなに苦手でも、やっぱり人との関わりは、すごく大切です。
こんなツイートがあります。

人との関わりが、多ければ多いほど、自分の成長に繋がります。

ですが、無理をして人と関わり続けた結果、
ストレスに負けてしまったなんてことにならないように。
本来の自分のまま、改善することが好ましいでしょう。

「人付き合いが多い人は、たくさんいるよ!」
「ストレスを感じたり、孤独を感じてしまう人が弱いわけではないよ」

という事を頭に置いていてください。
その上で、生きやすくするために思考の変換・今やれることを実践して
自分の個性をうまく出しながら、楽しく生きることが大切です。

思考が変われば、そのストレスが軽減できるのではないでしょうか。
以下4つの事を意識し、ストレス軽減に繋げましょう。

ネガティブ思考にならないためにできる4つの事

ネガティブな感情を少しでも軽減させてくれる4つの事は、以下になります。
自分のできる範囲で取り入れてみてください。

  • 聞き役に徹する
  • 読書を趣味に取り入れる
  • 楽観的思考を意識する
  • 自分に自信をつける!

 

順に解説していきます。

『聞き役に徹する』

聞き役になるコツは、

  • 会話の前に共感・感謝・尊敬の言葉を必ず入れる。
  • 会話の最後に疑問形を持ってくる。
  • 相槌は適度に入れる

これらのことを意識すると、相手は気持ちよく会話を広げてくれるので、
会話が弾まない・変な空気に陥ることは、少なくなります。

最初から聞き役を上手くこなすことは難しいと感じてしまうかもしれません。

少しずつ意識して実践することで、会話のパターンは定着するので、
うまくいかないと感じたら、会話を終了させて、次に活かしましょう。

『読書を趣味に取り入れる』

読書を趣味にすると、いろんな人の感情にも間接的に触れることができ、知識量も増えていきます。
そうすると「いろんな人がいて、自分はこんなタイプなんだな」と自己分析できるように。

自分を俯瞰して見れる人は、強いストレスを感じても、精神的ストレスの蓄積は、少なくなります。

『楽観的思考を意識する』

思考の癖は、意識しないと治りません。
まぁいっか・なんとかなると自分に言い聞かせ。
マイナス思考になりそうな時は、その物事とは、全く関係ないことを思うようにしましょう。

「今日天気いいな、明日の天気調べるか!」なども有効です。

そしてすべての物事をポジティブ変換する癖をつけましょう。
(疲れた→頑張ったなど)
最初は、特に意識することが、苦痛になってしまう、うまく意識できない事もあると思います。
続けることで、「思考の癖」は定着してくれますので、気長にトライしてみてください。

『自分に自信をつける!』

「周りの人は、この作業が苦痛と言うけど、自分はそう感じない」
「これだけは、誰にも負けない自信がある」

といった、自分にしかない魅力を探すのも、一つの方法です。

そして僕が、実際に自信につなげることができたのは、おしゃれをする事。

ファッションに苦手意識があった当時の僕は、
「自分は何を着ても似合わない」と決めつけていました。

しかしおしゃれなファッションを身につけるようになってからは、

「小物一つでこんなにテンション上がるのか」
「大したことしなくても、おしゃれってできるんだな」

と、今まで【おしゃれ】というハードルをあげすぎていたんだなと感じたのです。
見た目を変えると、気持ちが前向きになり、自然と自信がついてきます。

ファッションセンスのなかった僕でも、おしゃれができた方法をご紹介します。

是非参考にしてみてください。

ファッション一つで自信は身につく!

画像引用:leeap

ファッションなど、身なりを意識することで、【自信をつけること】は、すごく大切です。

人付き合いが苦手で、口下手・ファッションセンス0の僕でも、
おしゃれをすることで、少しずつ自信をつけることができました。

それが積み重なると、口下手で会話が広げられなかった自分が、少しずつ変わっていき、
ネガティブ思考が、ポジティブ思考に変換しやすくなったのです。

ファッションが、自分の鎧となってくれます。
人と関わる時も、おしゃれをすることで少しずつ人付き合い克服に繋げていきましょう。

しかしファッションセンス0なのに、どうやっておしゃれをするんだろう。
と感じた方も、中にはいるのではないでしょうか。

僕が、おしゃれをできた理由は、「プロの女性スタイリストに洋服を選んでもらったから」です。

僕が、実際に利用したサービスは、ファッションレンタルのleeapというレンタルサービスになります。
leeaについても、少しだけ解説します。
是非参考にしてみてください。

leeapならLINEで完結!簡単にオシャレ男子に!

画像引用:leeap

先程述べたようにleeapは、専属女性スタイリストが、
自分に合うコーディネートをシチュエーションに合わせて組んで、届けてくれます。

やり取りは、LINEで完結してしまうので、人付き合いが苦手な人でも
人と直接関わることなく、利用できるんです。

気分転換に散歩に行く際も、人と関わりを持たなきゃいけない場面でも
鎧を着て、少しでも自信を持った状態で挑むことができますよ。
leeapの料金プランは、こちらになります。


柔らかい印象を与えるなら、カジュアルプラン。
カッチリ知的な印象を与えるなら、ジャケパンプランが良いでしょう。

実際に人付き合いが、苦手な僕でもLINEなら大丈夫。
スムーズにスタイリストの方とやり取りできました。
以下画像が、実際のやり取りの一部になります。

いろんなシチュエーションを想定して、気軽な感じで質問してくれるので、
返答しやすく、逆に困ったこと・悩みも相談しやすかったです。
今ではやり取りが楽しくてたまりません。

さらに詳しく知りたい方は、leeapの体験談をまとめた記事をご覧ください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

まとめ

人付き合いが苦手で、悩んでしまう理由は様々ありますが、
それでもやめてしまっては、もったいないのが、人付き合いと言えます。

どんな負の感情を抱いてしまっても、それを補う思考の変換や趣味などを日常生活に
取り入れましょう。

そうすることで、ネガティブに捉えてしまう思考を減らすことができます。

その4つの方法が、こちらになります。

  • 聞き役に徹する
  • 読書を趣味に取り入れる
  • 楽観的思考を意識する
  • 自分に自信をつける!

 

そしておしゃれをすることでも、少しずつ自信に繋がり、物事がうまく運べるきっかけとなるでしょう。
ぜひ、取り入れてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です