メルカリで服を買うとき失敗しないコツ5選!コツを掴んで失敗知らず!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

 

こんにちは、トシです。

オシャレな服を安く手に入れたい…。こんな悩みはありませんか。

でも、オシャレな服って高いですよね。

安い服ならユニクロやGUにもあるけれど、みんなと同じような服になってしまうし、ちょっとオシャレとは違う気がする…。

そこで、安く服を手に入れる方法として、メルカリを使ってみる人って多いですよね。

ただ、そこにはメルカリならではの落とし穴があるんです。

その落とし穴に落ちて失敗しないために、これから、メルカリで服を買って失敗した事例3選メルカリでの失敗を防ぐコツ5選をお話しします。

 

メルカリで服を買って失敗した事例3選

 

  1. 買った服のサイズが合わなかった
  2. 買った服の状態が悪かった
  3. 買った服が偽物だった

 

 

買った服のサイズが合わなかった

 

届いた服のサイズが合わなくて着られない…、なんて失敗したことありませんか。

サイズ表記を見て選んでみても、平置き服の画像だけではなかなか判断が難しいものです。

「欲しいと思ってたあの服。ネットですぐ売り切れたから、もう出会えないと思ってけどメルカリで発見!すぐにポチって買っちゃたものの、なにコレ…、サイズ小さすぎ!着てみてもパツパツ。今すぐ痩せろっていうの?こんなみっともない姿、彼女に見せられないよ…。」

せっかく服を買っても、サイズが合わずにタンスに眠らせることってありますよね。

 

買った服の状態が悪かった

 

新品未使用とあったのに、なんだか変な臭いがするし、使用感がある…。

 

洗濯方法が難しかったり、クリーニングに出さなければいけない場合もあります

せっかく気に入った服も変な臭いがしたら、気持ちよく着られませんよね。臭いに限らず、汚れていたり、穴が開いていることもあるようです。

 

買った服が偽物だった

 

安いと思って買ったブランド服が偽物ったら…、せっかくブランド品を買えたと喜んでも偽物だったなんて凹みますよね。

「お気に入りのブランドの服が格安だ!これは買いだな…と買ったものの、これロゴが違うし偽物だ…!どうしよう、買取評価もした後だ。困った、事務局に連絡して返品できるかなぁ。うわー、めんどくさい…

メルカリは古着店などと比べ価格が安い場合が多く、お買い得な時もありますが、本物かどうかの確認が難しいのが現状です。

ロゴが違うなどのわかりやすい違いがあるなら、偽物だと判断できますが、精巧に作られた偽物もあるので、気づかないまま偽物を着続けてしまうことだってあります。

 

メルカリで服を買うとき、失敗を防ぐコツ5選

 

  1. サイズを把握する
  2. 商品情報を確かめる
  3. 商品画像を信用しすぎない
  4. 出品者情報を確認する
  5. 商品状態はあくまで目安に

 

サイズを把握する

 

お店で服を選ぶとき、試着をしてサイズ感やシルエットを確認することが多いですよね。

でも、メルカリの場合は商品写真と説明を見て、想像しながら選びますよね。

そこで、自分のサイズをきちんとわかっていないと

「自分はそんなに太ってないしMサイズで大丈夫だろう…。え、ピチピチで着られない!」

となりかねません。

まずは、自分のサイズをきちんと測ってみましょう。ジャストサイズの服を選べるようになりますよ。

ボトムならウエスト、股下、総丈をはかることで失敗せずに買うことができます。

 

商品情報を確かめる

 

欲しいと思った商品を買うときは、ネットで同じ商品を調べてから買うようにしましょう。

ネットにはいろいろな商品画像があるので、いろいろな角度から商品を確認することができます。

販売価格が適正かどうかも確認しましょう。

「ネットで確認せずにメルカリで買ったけど、アマゾンで新品がもっと安く売ってた…」

なんてこともあります。

まずは、同じ商品をネットで確認して、失敗しない服選びをしましょう

 

商品画像を信用しすぎない

 

「このジャケット、シルエットがスタイリッシュだし、色もいい、買いだな!」

とポチってみたものの、届いた商品をみてガッカリ…

こんなこと、よくありませんか。

出品者は商品をよく見せるために、ライティングやセッティングに気を使って売れるように写真を撮っています

買う側はそのことを頭に入れて商品を選ぶ必要があります。

写真が素敵に見えても、すぐに買うことはせず、よく吟味しましょう。

 

出品者情報を確認する

 

商品を買うとき、どんな人が出品しているか、気になりませんか。

喫煙しているのか、ペットはいるのか、悪い評価をつけられていないか…。

気持ちの良い取引をするためにも、出品者の情報を確認することが大切です。

「買った服に何故か犬の骨っこが入っていた。プロフにペットの情報はなかったのに…」

「服にタバコの臭いがついていて、洗濯しても取れない」

なんてこともあるようです。


低評価が多い出品者にも注意が必要です。

思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので、気を付けましょう。

商品状態はあくまで目安に

 

メルカリで服を選ぶとき、状態って気になりますよね。

できれば新品、未使用を選びたいけど、必ずしもそうじゃないときもあります。

「新品・未使用」と書いてあっても、

「あれ、シミがある…、写真には写ってなかったし新品って書いてあるのに!」

となることもあります。

状態の評価は人それぞれです。自分の希望的観測で判断して失敗しないように注意しましょう。

 

手間をかけずにオシャレな服を手に入れよう

 

メルカリで服を買うときに失敗しないコツをお伝えしましたが、実際のところ出品者とのやり取りが面倒だと思ったりしませんか

確かに定価より安く服を手に入れることができますが、相手とのやり取りや値段交渉など、手間がかかることも多いです。

しかも、買って失敗することさえあるのです。

オシャレな服を着たいけど、手間をかけたくないし失敗も嫌だ…


そんなとき、失敗せず、簡単におしゃれな服を着る方法があります。ファッションレンタルという服を借りるサービスを利用することです。

おすすめなのが【leeap】というファッションレンタルサービスです。


【leeap】は、月額制(サブスクリプション)で、プロの女性スタイリストさんが自分に合わせたコーディネイトをしてくれる、服に悩める男子におすすめなサービスなんです。

自分に合わせたコーディネートをプロがしてくれるのだから、やっちまったー、なんて失敗はありません。

女性のセンスで服を選んでもらえるので、女子ウケする服だって着られます。

自分にぴったりの服が選べて、価格は月額7800円からだなんて、試してみるにはもってこいですね。

たとえ、メルカリで安く服を買えたとしても、パンツ3000円、トップス1500円、アウター4500円位してしまいますよね。合計すると、9000円にもなってしまいますし、失敗するリスクもつきまといます。

その点、【leeap】はプロが自分に似合うオシャレな服を選んでくれるので、失敗も無し。

価格も月額で決まっているので、安心ですね。

面倒なメルカリより【leeap】おすすめです

 

\詳細ページはコチラから/

 

もっと詳しくファッションレンタルについて書いてある記事があるので、知りたい方はこちらを読んでみてくださいね。

 

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

 

まとめ

 

今回は、メルカリで服を買うときに失敗しないコツをお話ししました。

まとめると、以下の5つになります。

メルカリで服を買うとき失敗しない方法5選
  1. サイズを把握する
  2. 商品情報を確かめる
  3. 商品画像を信用しすぎない
  4. 出品者情報を確認する
  5. 商品状態はあくまで目安に

 

いかがでしたか、メルカリで失敗しないコツ。

ぜひ、メルカリで服を買うとき、参考にしてみてください。

もし、メルカリが面倒だと思ったらファッションレンタルという選択肢もあります。

自分に合った方法を選んで、安くオシャレな服を手に入れてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です