男は服のバリエーションが少ない!?少ない服でもイケてる人になる方法

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

みなさんは、服のバリエーションが多い人ってオシャレだと思いますか。

流行の服を着こなしている人って、オシャレだと思いますか。

僕は、どちらともオシャレな人だと思います。ファッションが好きなんだろうなと思います。

じゃあ、バリエーションが少なくて、流行の服を着ていないとオシャレじゃないのでしょうか。

答えはNoです。

バリエーションが少なくてもオシャレに見せる方法を知っている人は、おしゃれです。

たとえば、シンプルなファッションをしている人が大勢いたとします。こういう言い方をしたら失礼かもしれませんが、似たような服なのにイケてる人とダサい人に分かれちゃうんです。

イケてる人とダサい人の差って何でしょう。

同じシンプルでも、イケてる人になりたいですよね。

今日は、少ない服でもイケてる人になるための方法をお伝えします。

とても簡単でシンプルな方法です。

「おまえいつからこんなにオシャレになったんだよ」って友だちには言われるし、

「トシさんってオシャレだよね」って女の子に言われるくらい劇的に変わるから本当にすごいですよ。

イケてる人とダサい人の差とは?

何気なく友だち、職場の人、すれ違う人のファッションチェックをしている僕。

シンプルな服装でもイケてる人とダサい人がいることに気づきました。

僕が思うダサい人の特徴です。

ダサい人の特徴
  1. 装飾がなさすぎる
  2. 服のサイズが合っていない(ダボダボorピチピチ)
  3. 清潔感がない(服や靴が臭い、汚れている)
  4. 髪型や靴に無頓着

 

①シャツにデニム、以上!では物足りないので、+αが欲しいです。

②、③サイズが合っていない、清潔感がないというのは言わずもがなですよね。

④服はおしゃれなのに、髪型や靴がイマイチだとダサい人に見えます。

イケてる人になるためには、シンプルに+αすること、清潔感を保つこと、髪型や足元に気を配ることが大切です。

服のバリエーションが少なくても、イケてる人になる方法

そもそもメンズの服はレディースと比べてバリエーションが少ないですよね。

スカートやワンピースがないし、フリルやレースなどの装飾もありません。

シャツにデニムしかレパートリーがない、って方も結構多いのではないでしょうか。

実際、僕も基本シャツにデニムのスタイルで、バリエーションがありません。

でもいいんです、少ない方が楽で簡単です。

服にバリエーションがあればあるほど、服選びに時間がかかってしまいますよね。

今回はシンプルなスタイルは変えずに、オシャレになる方法をご紹介します。

シンプルな服に+αをする

たとえば僕の定番は、トップスならモノトーン(黒・白・グレー・ベージュなど無地かワンポイント)、ボトムスは濃紺デニムやスキニーです。

なぜモノトーンのシンプルな服を着るのか。それは、楽なのにオシャレをしているように見えるからです。

僕は長い間、モノトーンの力を借りてセンスを磨くことを放棄していました。

心のどこかではいつもオシャレでイケてる人に憧れていた。

ある時、自分の心に正直になろうと思いました。

自分もオシャレをしてイケてる人になりたい!

しかし、シンプルな服が好きだからそこは変えたくない。

手持ちのシンプルな服はそのままで、もっとオシャレになるにはどうしたら良いか必死に考えました。

そしてわかったのは、今持っているシンプルな服に+αすることです。

①モノトーン+ワンカラー(or柄)のアイテムを取り入れる

モノトーンに+ワンカラー(or柄)のアイテムアクセントで入れましょう。

いつものコーディネート(シャツ+デニム)に、アウター・バッグ・帽子などを使ってカラー(or柄)をプラスします。

引用元:ZOZOTOWN

モノトーンのシンプルなコーディネートに、カラーのアクセントが映えています。

落ち着いたカラーを選ぶと大人な印象になります。

カラー(or柄)を選ぶ時は

  • 自分の好きなカラー
  • 顔うつりが良い・自分の肌色に合ったカラー
  • 落ち着いたカラー

 

を踏まえてチョイスすると違和感なく、大人っぽくキマるでしょう。

 

また、柄物をトップスやボトムスのどちらかに取り入れてもオシャレです。

 引用元:ZOZOTOWN

上下片方だけに柄を入れると、簡単にコーディネートのバランスが取れます。

  • トップス(柄物)×ボトムス(無地)
  • トップス(無地)×ボトムス(柄物)

 

いずれもはじめは、ショップで試着する、最低でも顔うつりが良い色(柄)か確認することをオススメします。

カラー(or柄)が合っているか、サイズ感がしっくりくるか確認しましょう。

家に帰ってファッションショーした時に、思ってたんと違った…と後悔がないようにしたいですね。

②バッグや小物をプラスする

引用元:Dcollection

僕はあまり物を持たない派なので、スマホや財布はポケットに入れて出かけることが多いです。

外でタブレットやパソコンを見るときは、バッグが必要なのでバッグも持ちます。

汎用性が高く子どもっぽく見えないので、下のようなレザーバッグはオススメです。

引用元:WEAR

〈ボーダーのカットソー×デニム×レザーバッグ〉

レザーバッグをプラスすることで、いつものシンプルなコーディネートが大人っぽく仕上がっています。

次は、小物をプラスします。

小物とは、腕時計、メガネ、帽子などのアイテムのことです。

小物を使ったコーディネートを見ていきましょう。

引用元:TASCLAP

〈白Tシャツ×デニム×メガネ〉

引用元:TASCLAP

〈白Tシャツ×きれいな色のキャップ〉

引用元:Dcollection

〈シャツ×ジャケット×腕時計〉

 

いかがですか。

小物が加わると、こなれた印象が出てオシャレになりますね。

腕時計は、コーディネートに合わせやすいがあると便利です。

また、帽子の画像のように差し色として小物を取り入れるのも良いと思います。

首から上、足元にも気を配る

引用元:Beauty-Box.jp

これは間違いなく言えることですが、イケてる人は首から上もオシャレです。

スタイリングだったり、パーマだったり、ヒゲだったりetc…。

この際、憧れの髪型にしてみましょう。

似合わなかったらどうしようって考えは捨ててしまって、まずは美容院へ行きましょう。

プロから色々アドバイスをもらえばいいんです。

自分に似合うスタイルが分からなかったら、おまかせでオーダーするのも手です。

家に帰ってからのスタイリング方法も確認しておきましょう。

引用元:服のメンズマガジン

オシャレは足元からという言葉があるように、足元は大事です。

靴がミスマッチだったら、この人…実はダサい?って思われてしまいます。

スニーカーなら白や黒、革靴ならブラウンが合わせやすいと思います。

シーンに合わせて、スニーカーと革靴を使い分けると良いでしょう。

また、マメに手入れをして靴を清潔に保ちましょう。

ファッションレンタルを利用する

僕も利用している、服をレンタルする月額制サブスクリプションのサービスです。

僕はファッションレンタルと出会って、別人かってくらい、オシャレに自信が持てるようになりました。

プロのスタイリストがコーディネートを考えてくれるので、オシャレな街やお店も安心して行けるようになりました。

女の子とデートする時も、何着ていこう…って悩まなくて済みます。

僕は【leeap(リープ)】を利用しています。

詳しくはこちらの記事に書いているので、ご覧下さい。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

また、着た後は洗わずに返却OK。面倒な手間は必要ありません。

お手入れが難しくて諦めていた素材の服も着れるので、オシャレの幅が広がります。

手持ちの服は増やさずにスタイリストお墨付きのコーディネートができる、本当にオススメのサービスです。

\詳細ページはコチラから/

 

まとめ

いかがでしたか。

今日は手持ち服+αをしてオシャレになる方法と、ファッションレンタルをしてオシャレになる方法をご紹介しました。

服のバリエーションが少なくてもイケてる人になれる、と思っていただけたでしょうか。

服のバリエーションが少なくても、イケてる人になる方法
  1. モノトーン+ワンカラー(or柄)を取り入れる
  2. バッグや小物をプラスする
  3. 髪型や足元にも気を配る
  4. ファッションレンタルを利用する

 

できそうなものから、ぜひ試してみて下さい。

一緒にイケてる人になりましょう!

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です