【40代男性】服は少なくても◎着回し力抜群のアイテムたちをご紹介

こんにちは、トシです。

今回のテーマは、40代男性に向けた『少ない服での着回し』についてです。

 

40代になり、「似合う服が変わってきたな」と感じる方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず。

若いころに比べて、髪形や体型が少しずつ変化しているのですから。

20代30代のころのままの服を着てしまうと、見た目とファッションのバランスが悪く『若作り』なんて思われてしまうことも。

年齢に合わせた洋服をいちから揃えようにも、時間も時間も結構かかる。

かといって、『いつも同じ服着てるおじさん』と思われるのも嫌ですよね。

 

そんな40代男性の方向けに、今回は少ない服でも上手に着回すコツと、着回しのきくアイテムたちをご紹介します。

着回し力が身に付けば、服は必要最低限でOK。

服を新調するための費用は抑えつつ、周りからは『○○さん、いつも違う服を着ていてオシャレだな』と思ってもらえます。

この記事を読めば、『持っている服は減ったのに、今まで以上にオシャレが楽しくなった』という不思議な体験ができるようになります。

ぜひ最後までお付き合いください。

服は多ければいいってもんじゃない!多すぎる服のデメリット

今回は少ない服を着回すというテーマですが、そもそも服って一枚でも多く持っているほうがよさそうなイメージありませんか。

なんとなく、いろんな服を持っているほうがおしゃれに詳しそうだし、「着ていく服がない」なんて悩みも少なそう。

でも、洋服は多ければいいってもんでもないんです。

服が多いとこんなデメリットが。

  • 服選びが面倒になる
  • お金も時間もかかる
  • 年相応の服装ができない

 

服選びが面倒になる

このツイートのように、毎朝『今日は何を着ていこう』と考えることを面倒に思っている人は少なくないはず。

なにを隠そう、僕もその一人でした。

数ある服の中から、どれとどれを着ていったらいいかを決めるのにまず時間がかかる。

いざ服を決めて着たら着たで、しっくりこなくて違う服に着替えなおしてみたり。

トップスは絶対にこれを着ていきたいのに、それに合わせるパンツがなかなか見つからない…とか。

そうこう悩んでいるうちに、家を出る時間になってしまって、不本意な格好で外出なんてこともしょっちゅうでした。

つまりコーディネートを決めるのに時間がかかるの面倒なんですよね。

一方で、持っている洋服を減らすと、服を決めるのがとても簡単になります。

少ない洋服で着回すと、必然的にコーディネートのパターンが減るからです。

そうすると毎日いちからコーディネートを考えるというよりも、パターン化されたコーディネートの中からどれにするかを選ぶようなイメージになっていきます。

朝の洋服を決める時間が短くなれば、今までよりも5分長く布団の中でゴロゴロできちゃいます。

お金も時間もかかる

服をたくさん持っているということは、それだけ洋服にお金を使っているということ。

しかも枚数が多い分、1着当たりの着る頻度は減ってコスパも悪いです。

一方で少ない服で着回すと、必要以上に服を買う必要がないので、当然被服費が減ります。

そしてお金だけでなく服の管理のために割く時間も節約できます。

たとえば、クリーニングに行ったり、衣替えをしたり。

40代というと、お金も時間も今まで以上に必要になってくる時期

出世して仕事が忙しくなったり、子どもの教育費がかさんできたり。

そんな40代だからこそ、少ない服を上手に着回して、経済的にも時間的にも余裕を持てたらうれしいですよね。

年相応の服装ができない

服が多い人の中には『若いころ着ていた服がそのまま』という方も。

そんな服を40代の今そのまま着ると、見た目の印象とファッションがかみ合わず、ダサ見えする危険性が。

とくに20~30代のときに、ラフな格好スポーティな服が好きだった方は要注意です。

若かりし頃の愛用品とは思い切って決別し、大人の魅力を引き出してくれる洋服にアップデートすることをオススメします。

 

着回しのコツ~40代メンズは清潔感×大人っぽさ~

実際に服を減らすためには、着回しのきく服を選ぶ必要があります。

40代男性に向けた着回しのコツをご紹介します。

ポイントは清潔感と大人っぽさを意識することです。

個性的よりも『合わせやすさ』重視

出典:doresuwe

派手な色や柄の服。

個性があって悪くないかもしれませんが、少ない服で着回す場合はかなり使いにくいアイテムになります。

アイテムの個性が強ければ強いほど、人の印象に残るからです。

『あれ、この前もこの服着てたよね』

『もしかして、これしか持ってないのかな』

なんて思われるのは嫌ですよね。

少数で着回すのであれば、何にでも合わせやすいシンプルな服がオススメです。

  • 無地の服
  • ベーシックカラーと呼ばれる白・黒・グレー・ベージュの色味
  • 流行りものではなく定番のデザイン

 

出典:MEN’S NON HEN

これをみると、シンプルなアイテムがいかに着回しに優れているかがわかりますね。

 

きちんと感のある素材を

少ない服で着回す場合、必然的に1着当たりの着用頻度が高くなります。

そうなると気になるのが洋服の劣化。

40代男性、もういい大人なのに着ている服がヨレヨレだったり毛玉ができていたりしては台無しです。

ヘビーユーズしてもくたびれにくい上質なモノを選びましょう。

たとえばTシャツでいうと、ナイロンやポリエステルよりも、コットン。

出典:無印良品

コットンは着心地もさることながら、長持ちする素材としても定評があります。

愛用してもよれにくいので、大人っぽく着こなすことができます。

 

そうは言っても、『高い服を買うには勇気が…』という方もいるかもしれません。

そんな方には、リーズナブルな服を買ってワンシーズンで捨てるという方法もオススメ。

服を捨てるタイムリミットは90日!”ワンシーズン”を攻略しよう

買って間もない服、しかも気に入って着ている服を捨てるなんてかなり斬新な発想ですよね。

ですが、少ない服を着回すからには劣化は避けて通れません。

ワンシーズンというのはあくまでひとつの目安ですが、状態が悪くなってきたらきちんと新調しましょう。

カジュアルとフォーマルをひとつずつ持つ

服を減らして、服選びが楽になるのはうれしいこと。

でも『いつも同じような服を着ている人』と思われちゃうのは嫌ですよね。

そうならないために、カジュアルとフォーマル、両方の系統のを持っておくことをオススメします。

たとえば

アウターなら、ダウンジャケットときれいめコート。

靴ならスニーカーと革靴。

そうすることで、少ない手持ちでも、TPOや気分に合わせて洋服のテイストを変えることができます。

ダボダボはNG

40代になると、気になってくるのが中年太り。

体型を隠したいしたい気持ちから、ついついオーバーサイズの服を選んでしまうという方も少なくないでしょう。

でも、40代男性にこそジャストサイズの洋服がオススメなんです。

出典:Dcollection

左の方が全体的にオーバーサイズですが、右の方がスマートで大人っぽい印象を受けます。

また、右のように足首や手首を見せると、一気に垢ぬけておしゃれに見える効果があります。

 

出典:logiLab(ロジラボ)

こちらも2つを比べると、右の方が野暮ったい印象になりますよね。

このように、ジャストサイズの服を選ぶとオシャレかつスマートな男性になれます。

 

これだけ持っておけばOK!アイテム紹介

コディネートを決めるときに一番難しいのが、なにとなにを組み合わせたらいいかということ。

僕もファッションを勉強しているときにそう思いました。

今となってはファッションの知識が身に付き、コーディネートを決める楽しさがわかるようになりましたが、そうなるまでには少し時間がかかりました。

初心者の方には、合わせやすい、ある意味無難な服を選ぶことをオススメします。

『自分の持っている服はどれとどれを組み合わせても合う!』という服だけを持っていれば、絶対に失敗しないので。

そんな初心者に優しい着回し力抜群のアイテムたちをご紹介します。

アウター編

まずはアウター。

冬はファッションの中で一番目を引くアイテムなので、アウター選びは大切です。

ダウンジャケット

出典:BUYMA

軽くて温かいダウンジャケットは、冬を過ごすうえで必ず持っておきたいアイテムです。

いろんなデザインがありますが、40代男性へのオススメは黒のシンプルかつファーなしのもの。

ファーなしの黒を選んでおけば、上の写真のようにキレイめな服にも合わせやすくなります。

ダウンジャケットはカジュアルになりやすいアイテムなので、カラーとデザインをしっかり抑えて着回し力を上げましょう。

 

キレイめロングコート

出典:doresuwe

ダウンよりもう少しフォーマルに着こなしたい日に活躍するのが、キレイめのロングコート。

シャツ、ニット、タートルネックなど、どんなインナーにもマッチ。

羽織るだけで、清潔感のある大人な雰囲気を演出してくれます。

ダウンジャケットで黒を持っているならば、コートは違う色を選んだ方が着回しがしやすくなります。

グレーやネイビー、ダークブラウンあたりを選んでおくと、インナーの色を選ばずコーディネートできます。

 

テーラードジャケット

出典:UNIQLO

少し暖かくなってきた時期、40代にオススメなのがテーラードジャケット。

Yシャツなどフォーマルなインナーに似合うのはもちろんのこと、

Tシャツやデニムパンツなど、カジュアルなアイテムとも相性がいいんです。

出典:Bizfront

出典:MEN’S FASHION PLUS

ジャケットを1枚羽織るだけで、どんなファッションも大人っぽく仕上がります。

 

トップス編

続いてトップス編です。

アウターやボトムスに暗めの色を持ってくることが多いので、トップスは白やベージュなど明るめのカラーを選ぶと着回ししやすくなります。

またトップスは重ね着することで、少ない手持ちでもコーディネートの幅を広げることができます。

オックスフォードシャツ

出典:UNIQLO

ワイシャツの中でも、オックスフォードクロスという布を使って作られたものをこう呼びます。

やや厚手でシワになりにくいのが特徴

ワイシャツの中ではカジュアルな印象を与えてくれる素材なので、私服に取り入れやすいアイテムです。

これ1枚で様々な着こなしができて、着回しの強い味方です。

1枚だけで

出典:WEAR

ニットのインナーとして

出典:WEAR

羽織りものとして

出典:WEAR

袖をまくって夏服として

出典:Amazon

 

白Tシャツ

出典:無印良品

どんなアイテムとも相性がいいので、1枚持っているととても便利です。

1枚でさらっと着るとカジュアルですが、ジャケットやワイシャツなど、キレイめアイテムと合わせて着るのもオススメです。

白T×ワイシャツ

出典:WEAR

白T×ジャケット×テーパードパンツ

出典:WEAR

 

セーター

出典:BEAMS

こちらも、1枚で着るとカジュアルな雰囲気を演出できるアイテム。

でも、フォーマルなアイテムとも相性抜群です。

出典:Bizfront

 

タートルネック

出典:UNIQLO

首元まで生地があるタートルネックは、『スマートな大人の男性』という印象を与えてくれます。

ジャケットやコートのインナーにピッタリです。

出典:SANYO style MAGAZINE

 

ボトムス編

テーパードパンツ

出典:UNIQL

『テーパード』とは、次第に細くなるという意味。

太もものあたりは結構ゆったりしていますが、裾に向かうにつれてだんだん細くなっていきます。

近年はスキニーパンツが流行していますが、40代男性にはこちらのテーパードがおすすめです。

テーパードパンツがオススメな理由
  • スキニーよりもキレイめ、フォーマルなシルエット
  • センタープレス(中心に入った折り目)があることできれいな印象に
  • ひざ周りにシワがよりにくい
  • 太もも周りがゆったり目なので、気になってきた体型を自然にカバーできる

 

 

出典:Dcollection

デニムパンツ

デニムと一言で言っても、様々なデザインがありますよね。

40代男性が避けた方がいいデザインがあるので、注意してください。

40代男性のNGデニムパンツ
  • ダメージ(穴のあいたデザイン)のデニム
  • 明めのカラー
  • 太めのシルエット

 

出典:MEN’S FASHION PLUS

出典:SPEC.CO.,LTD.

いずれも、若者向けなデザインですよね。

40代男性は、細めかつ濃いめの色のデニムを選ぶことをおすすめします。

出典:m-oo-m

 

 

出典:DUFFER

 

着回し力抜群のアイテムがわかったら

さて、具体的な着回しアイテムをご紹介しました。

意外と『それなら持っている』という服も多かったのではないでしょうか。

もし持っていない場合は新調してみてください。

オススメブランド

どれも比較的プレーンなアイテムなので、どんなお店でも手に入りやすいです。

それでも、どこに買いに行けばいいか悩む方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

メンズファッションはどこで買う?失敗しないおすすめブランド13選

服はどこで買う?40代男性は休日スタイルもキレイめ率高めでいこう

コーディネートになれてきたら

今回ご紹介したのは、初心者の方でも失敗しない着回し術。

コーディネートのコツをつかんできたら、ご自分の好きなアイテムを加えてみるのもいいと思います。

たとえば、好きな色味の服やトレンドを抑えたデザインのものなど。

どんな服が合うかわからないという方は、ファッションレンタルを利用してみてはいかがでしょうか。

月額制で洋服をレンタルするのですが、少ない服で着回しをする方にとてもオススメなんです。

 

自分の手持ち服は最小限を保てる

レンタルなので、着なくなったら返却できます。

購入品だと、飽きてもなかなか捨てられないですが、レンタルなら気軽に手放せますね。

いつの間にか服が増えて、結局コーディネートに時間がかかるなんてことを防げます。

 

今持ってる服にどんな服が合うのか(合わないのか)を勉強できる

お店の試着室だと、その日着ていった服との相性しかわかりませんよね。

でもファッションレンタルなら、家にあるすべての服との相性を確認できます。

僕が以前ファッションレンタルを利用したときも、自分の手持ちの洋服との組み合わてみました。

しかも、そのコーディネートについて、専属のスタイリストさんに相談することができるんです。

コーディネートの評価だけでなく、合わせる小物のアドバイスまでしてくれるんです。

以前の僕は、何と何が合うか全くわからなかったので、こういったアドバイスがもらえるのは本当に心強かったです。

アパレルショップの直接店員さんに聞くのはかなり勇気が必要ですが、こちらならLINEなので聞きやすいのも魅力的。

こんなふうにいろんな洋服を試したり、プロの意見を聞いたりするうちに、ファッションセンスがみについていくので本当にオススメです。

僕もスタイリストさんのおかげで、だんだんオシャレな組み合わせがわかるようになりました。

こちらの記事で、もっと詳しく書いているので、よかったら読んでみてください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

まとめ

今回は、40代男性に向けて少ない服で着回す方法をご紹介しました。

洋服を減らして着回すことで、こんなメリットがありました。

  • 洋服選びが楽ちんに
  • 時間もお金も節約できる
  • 年相応のファッションを楽しめる

 

少数精鋭の服で過ごすためのアイテムを選ぶ時のポイントはこちらです。

  • 個性的よりも『合わせやすさ』重視
  • きちんと感のある素材を選ぶ
  • カジュアルとフォーマルをひとつずつ持つ
  • ダボダボはNG

 

手持ち服の服を減らす少なくするということは、合わせやすい洋服を持っている必要があります。

40代男性にオススメの着回しがきく洋服はこちらです。

  • アウター…ダウンジャケット、キレイめロングコート、テイラードジャケット
  • トップス…オックスフォードシャツ、白Tシャツ、セーター、タートルネック
  • ボトムス…テーパードパンツ、デニムパンツ

 

今回ご紹介したように、手持ちの服は少なくても十分おしゃれになれます。

これを機に、もう似合わなくなった若いころの洋服を手放し、大人の魅力を引き出してくれる少数精鋭たちと過ごしてみてはいかがでしょうか。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です