服にお金を使うのはもったいない?NG服とお洒落のメリットを徹底解説

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんちには、トシです。

洋服を買っても失敗して、全く着なくてお金がもったいない…こんな思いするの本当に嫌ですよね。

「おしゃれになろう!」と意気込んでいたのに、失敗を繰り返すうちに

服に時間もお金をかけるのも面倒になってきて「服なんて一番安い最低限のやつでいいや」ってなる方も多いのでしょうか。

男性の半数は、洋服に対する興味もなく服にお金をかけないというデータもあり、

「仕事着と部屋着があればそれでよい」という合理的な考えの方が多いのでしょう。

引用:『ファッションに関するアンケート調査』男性の3人に1人は、「洋服を擦り切れるまで着る」「洋服代は1カ月に平均3,000円未満」

でも、そんなことをしているとおしゃれとは無縁の男になって

どこに行っても「ダサいと思われていないか」いつも気にしていなければいけませんし、

女性からは絶対にモテません。

昔の自分もそうでしたが、ファッションレンタルを始めてから買うべき服とそうでない服を見る目も養われましたし、異性からの印象も良くなりました。

はじめて女性から服を褒められた時なんて、嬉しくて今でもその時の気持ちは言葉にできません。

お金は大事ですが、たった一度きりの人生を豊かに生きるためにも服に気を使うことはお金に換えられない価値があると僕は思っています。

今回は服にお金をかけることがもったいないと感じている方に向けておしゃれに気を遣うメリットやもったいないにならない服選びのポイントを紹介していきます。

お金にかえられない!おしゃれをすることで得られるメリット3つ

おしゃれに気を使うなんて時間もお金ももったいないと思う人もいるようですが、

おしゃれをすることはお金に換えられない価値があります。

おしゃれをするメリットをまとめました↓

プライベートでの急な用事に対応できる

突然友達から「紹介したい子がいるんだけど会える?」と言われたあなた。

それがなんと今週末!

そんなときに限って仕事が繁忙期で服を買う余裕すらない。ネットで買おうにもよくわからない。

仕方ないから普段通りの格好で…。

これではチャンスを逃してしまいますよね。

女性はこの日のためにわざわざ服を買っている場合がほとんどです。

紹介してくれる友人や貴重な時間を使って会ってくれる女性にも失礼のないようにしたいものです。

仕事上での集まりであっても「スーツだと素敵なのに私服がダサくて幻滅した」と言われることは避けたいですよね。

公私ともに充実させるチャンスは服が作ってくれるといっても過言ではありません。

モテる!

断言します。

おしゃれ男子はモテます。

おしゃれ男子はおしゃれに理解がある女子がつきますし、「おしゃれすぎる男子はちょっと…」と言うのは女性の建前です。

男性だって「可愛すぎる女の子はちょっと…」と言いながらも結局かわいい子にちやほやしていますよね。それと一緒です。

自分に自信がつく

「自分に自信が持てない」

人生においてそんない悲しいことはありません。

誰にだって自分の中に宝物を持っているはずですし、僕たちのような大人がそんなことでは若い人が人生に失望してしまうでしょう。

おしゃれは自分のためにも周囲のためにもなります。

あなたの服装を見て「素敵」と思う人や自分が気持ちよく過ごせるのであれば服にお金を使うことは無駄ではありませんし、むしろ素敵な自己表現であると僕は思います。

「お金がもったいない」を防ごう!失敗しやすい服5つ

お買い物をする前に、まずは自分の服の見直しをしていきましょう。

自分の話で恐縮ですが、僕はアウターばかりたくさんあってトップスが少なかったりと偏った買い方をしていました。

そのトップスでさえ着回ししにくいデザインのものばかりでしたので、おしゃれに着こなせないわけです。不要な服を見直すと、失敗しやすい服の傾向が見えてきますよ。

失敗しやすい服は以下の通りになります↓

ライフスタイルに合わない服

自分のライフスタイルに合わない服とは、例えば休日は家で家事やDIYをするのが好きな人が、ジャケットばかり持っていたら着る機会が少ないのは当然ですよね。

こういったタイプの方のアウターはパーカーやカーディガンなどの方が良いことに気づくはず。

逆にプライベートでも外出する機会の多い方は、テーラードジャケットやきれいめカラーのボトムなど華やかなアイテムが重宝するでしょう。

一番ベストなのは買ってすぐに着る服しか買わないことです。

僕は買った翌日、もしくはその週の休日に着れる服のみを買うようにしたら失敗はなくなりました。

奇抜なデザインの服・トレンド服

デザイン性の高い服は避けていきましょう。

着回しできず、清潔感を出しにくく、流行遅れになりやすいアイテムの場合がほとんどです。

色違いやデザイン違いで買った服

最近の失敗は毛玉になりやすいニット(これは洗濯してみないとわからない事実なので仕方ありません泣)と2色買いしたボトムです。

ベージュとネイビーを買ったのですが、ベージュばかり着てネイビーはほとんど着ませんでした。

なので、いいなと思っても色違いやデザイン違いで買うのは避けましょう。

試着をしないで買った服

お店で買う場合は必ず試着して、通販で買うのであればサイズ表など必ずチェックしてから買うようにしましょう。

こうすればたいていの失敗は防げます。

例えば袖がキツイとか、手持ちの服と合わない、体型に合わない、これを着て出かける自分が想像できないといったことが全てわかるからです。

ボトムは試着するけれどトップスやアウターは試着しないで買う方がとても多いですが、試着の時間を削っても良いことはありません。

コーディネートを考えないで買った服

服を買うときにコーデを数パターンイメージできる服を買うと失敗しません。

数パターンコーデをイメージしていてもそのうち何パターンかは合わないコーデがあるので直感で買うのは危険なのです。

お買い物前に購入するアイテムをあらかじめ決めておくとよいでしょう。

僕の知り合いの女性は、おしゃれなのに服にお金をかけていないと聞いて驚きました。

お店に行く前から購入する商品を決めているのだそう!

例えば↓

  • 秋冬は暗くなりがちだから、差し色に使うために赤のカバンが欲しい
  • お気に入りのTシャツとブラウスにも合わせられる定番カラーのシャツが欲しい
  • 暗めのアウターばかりで春夏のアウターがないから買おう

 

洋服の在庫確認とTPOやコーデを考えるのは大切だと改めて思った瞬間でした。

ファッションレンタルで「もったいない」を防ごう

ここまで失敗しやすい服やおしゃれをするメリットを書いてきましたが、

「自分で服を買うとやっぱり失敗しそう」と感じてしまうあなたに、僕も使っているファッションレンタルleeap(リープ)がおすすめです。

プロのスタイリストさんが自分の服を選んでくれるのでお買い物の失敗を防げますし、

ベーシックプランなら月額7800円で借りられてコーディネート一式が届くので服に悩まなくてよくて管理やクリーニングの手間を省けるのでコスパ最強です!

僕もファッションレンタルをはじめて自分に自信が持てるようになりました。

有意義なお金の使い方ができきるようになったと思っています↓

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

まとめ

失敗しやすい服のまとめや服のお金をかけることがもったいない人に対するアドバイスは以下の通りです↓

おしゃれをするメリット3つ
  1. プライベートでの急な用事に対応できる
  2. モテる!
  3. 自分に自信がつく

 

 

失敗しやすい服5つ
  1. ライフスタイルに合わない服
  2. 奇抜なデザインの服・トレンド服
  3. 色違いやデザイン違いで買った服
  4. 試着をしないで買った服
  5. コーディネートを考えないで買った服

 

せっかく稼いだお金ですから失敗しやすい服の傾向を理解して有意義に使っていきましょう。

おしゃれはお金に換えられない価値があり、服はいつもあなたと一緒にいてくれる大事なパートナーです。

服に気を使うことは自分のためにも周りのためにもなるので「お金がもったいない」と思わずにしましょうね。

それでは今日もここまでお付き合いありがとうございました。

 

 

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です