トシのプロフィール~服を見られたくないあまり夜行性だった過去~

はじめまして。トシです。

この記事では、自己紹介もかねて僕のファッション遍歴を書いていきます。

僕は思春期のころに、自分のファッションを否定されるような経験をして、それからというもの、めちゃくちゃファッションに苦手意識を持つようになりました。

ユニクロで買えるような、個性のない無難な服ばっか着たりね。

でも、そんなガチガチの守りの服を着ながらも、オシャレになりたいという欲望は捨てきれなかったです。

ちょっと丈の短いズボンをはいて柄のソックスをのぞかせるとか、ロンブーの敦みたいに薄いサングラスをつけるとか。

そういった周りと差別化できて、かつ、女の子にも褒めてもらえるようなオシャレがしたかったんです。

でも、自分には似合うわけない、そんなことしてもバカにされるだけ。

そう思って、自分の欲望にブレーキをかけ続けてきました。

そんな僕でも、あるサービスを使い始めてからは、そのブレーキも外れました。

自分に似合う範囲で、いいなって思ったものは躊躇なく身につけられるようになったんです。

今日は、そういった心境の変化についても、細かく書いていきます。

 

友だちに私服をバカにされて自分をダサいと思い始めた中学生

僕は中2くらいまで、服はぜんぶ親に買ってもらってました。

もともとファッションに興味がない人間だったので、別にそれでも良かったんです。

でもある日、友だちと遊んでるときに、PIKOのTシャツを着てたら

「PIKOは小学生までだろw」

って笑われました。

PIKOって分かりますかね。

漫画ワンピースに出てくるアーロン一味がつけてるタトゥーみたいな。

そんなマークがデカデカと入ってる服です。

分からない人は調べてみてくださいw

僕が小学校のころはPIKOがめっちゃ流行ってて、そのアーロンみたいなマークがかっこいいと思って着てました。

でも確かに中学校に上がってからは周りで着る人はどんどんいなくなってた。

マークが入ったものよりかは、シンプルで無地なものを着る人が増えてた。

僕もそのことには何となく気づいてたんだけど、気にせずPIKOのTシャツを着てたんです。

「何もないよりマークが入ってた方が良いっしょ?」

的なノリでw

そしたら、そんな僕を見事に友だちに指摘されて、バカにされちゃったんですよね。

中学生ってモロ思春期だし、人からバカにされるとかめっちゃ嫌でしたよね。

大人になればなんてことはないけど、トイレの個室に入るだけで、

「あいつウンコすんぞ~!!w」

なんてからかわれるもんだから、誰もいない瞬間を見計らって個室に入り込むみたいな。

そんな時期でしたから、服装をバカにされるのは死ぬほど恥ずかしかった。

今まで気にしたこともなかった「もしかして自分ってダサい?」っていう感情を強烈に刺激されたんですね。

その日は家に帰ってすぐ「もう服買ってこなくていいから!!」と反抗期全開で親に言い放ちましたよw

 

自分で服を買うにも何を買えばいいのか分からない

親にそんなことを言いつつも、いざ自分で買うとなるとどうしていいかまっっったく分からんかったです。

「みんなどんな店で買ってるんだろうか?」
「どれくらいの値段のモノを買ってるんだろうか?」
「そもそも何を買えばいいの??」

まあ、今までファッションを気にしたことなかったんだから仕方ないっすよね。

そんな自分をよそに、周りの友だちはハットをかぶったり、ネックレスをつけたりとオシャレを楽しんでいってました。

でも、それを「オシャレだね」って言うと負けな気がして、意地でも触れなかったですw

中学生っていう多感な時期だったことに加え、僕は生まれながらのプライドが高い人間だったんでね。

だから、友だちと話してるときは全然気にしてない振りをしていた。

でも、心の中では

「こういうのがオシャレなのか。。」

ってコッソリ参考にしてましたw

そして、記憶をたよりに、一人で服屋に行って似たような服を試着してみた。

そしたら、試着室の鏡に映る自分は、友だちが着てたようなオシャレな感じにはならず。

胴長短足、顔デカいっていうスタイルの悪さが際立ってやばかった。

「ダサッ!キモッ!」

誰に見られてるわけでもないのに、試着室で一人めちゃくちゃ恥ずかしくなって、店員に声をかけられないようにソッコーで店をあとにしました。

 

友だちと服がかぶってしまったときに自分のセンスのなさを痛感

そんなおりに、中学校の卒業前に男女10人くらいで遊園地に行くことになりました。

青春ですねw

僕は女の子もいるしと思って、自分の中で最上級にオシャレだと思うグレーのジャケットを着ていきました。

「女の子から似合ってるとか言われたらいいなぁ~」

なんて淡い期待をしながら。

でも、現実はそう甘くありません。

オキニのジャケットを身にまといながら、集合場所へと向かうと、あろうことか男友だちの一人と思いっきり服がかぶってしまったんです。

「あ、やばい。あいつ同じ服だわ」

って気づいてからは、そいつとメッチャ距離を取って、周りに同じ服を着てるのがバレないように努めました。

でも、案の定バレた。

そして、当然周りからメッチャいじられた。

「いやw、お前ら仲良しかよww」
「同じ服着ようねって昨日電話でもしたんか?ww」

死ぬほど恥ずかしかった。

しかも、同じく恥ずかしい思いをしているはずの服がかぶったやつからも、

「オレもうこの服捨てるわ」

なんて言われちゃって。

「お前は仲間ちゃうんかい!」

そう思うと同時に、これは暗に、

「お前みたいなダサいやつと被った服なんて、今後恥ずかしくて着れないわ」

って言われたような気がしました。

考えすぎかもしれないけど、実際、僕よりその友だちの方が明らかに着こなしていたんですね。

だから、スゲー劣等感を感じました。

そもそもの素材の悪さっつーか、コーデのセンスのなさっつーか。

ファッション偏差値の低さが露呈したようで死にたくなった。

それをきっかけに、ファッションにめっちゃ消極的になりましたね。

仮に、他の誰かと服が被ったとしても気づかれないような、無個性で地味なものを選ぶようになったんです。

 

イケてないグループにいたせいで、どんどんファッションと無縁の生活へ

高校生になってからは、学校も塾も制服で行ってました。

そうしときゃ、周りからダサいだのなんなのいわれなくて済みますからね。

まあ、そもそも高校はほぼ不登校の友だちゼロだったから、とやかく言ってくれる人もいなかったんですけどねw

そして、大学に入学すると毎日私服になって辛かったですね~。

朝なに着ようか考えるのがめんどくさい。

また同じ服を着てるなんて思われないように、組み合わせを考えるのがめんどくさい。

何もかもがめんどくさい。

僕が通ってた大学では、体育会系の部活に入ると毎日学ランを着ることになってたんですね。

それを知って「めっちゃ楽でうらやましいわ~」って思った僕は、部活の中で一番キツくないものはどれか探して入ろうともしたくらいです。

結論、楽な部活はなかったんであきらめたけどw

そんな僕をよそに、周りのイケイケなやつらはリングをつけたり、サングラスをつけたりオシャレを謳歌してました。

また、同級生にはファッション誌のスナップに載るようなオシャレさんもいました。

ホントは僕もそんなオシャレに挑戦したかったです。

オシャレしてカッコよくみられたかった。

モテたかった。彼女が欲しかった。

でも、自分はスタイル悪いから似合わない。

陰キャだから色気づいてもバカにされる。

そう思い込んで、オシャレしたい、モテたいという欲求を抑え込んでました。

まあ幸い?僕が大学時代につるんでたやつらは、みんな陰キャでオシャレに無頓着な童貞野郎ばっかだったので、抑え込んだ欲求を刺激されることもなかったですw

どんな服を着ていようが、ファッションが話題になるなんてことはなく、講義の話か、アニメの話しかしてなかった。

だから、気付いたら毎日テキトーな服を着るようになってました。

ただ、心の奥底ではこの現状を受け入れてちゃダメだよな、とは思ってました。

 

オシャレしようにもオシャレな服屋がハードル高すぎる

社会人になってからは、そこんとこちゃんとしようと思ってファッション誌を見るようになりました。

ファッション誌もたくさんあるから、それぞれどの年代をターゲットにしているのか、どういったジャンルを得意としているのか。

キレイ目系とかモード系とか武骨系とか。

そういったファッション誌ごとの特色を調べるまでした。

それでも、雑誌を見て「この服かっこいいな」って思っても、自分には似合わないだろうってブレーキをかけちゃってました。

スタイルが良くて、イケメンのモデルが着るから成立するのであって、スタイルが悪くても顔もよくない自分が着てもぜんぜん違うものになるだろうって。

あと、そもそもの話、高島屋とか丸井に入ってるようなオシャレな服屋に行くってことがハードル高すぎます。

今持ってる服で行っても、場違いすぎて絶対恥ずかしい思いするだろうし。

店員さんにも

「うわっ。スゲーイモ臭いやつが来たわ」

なんて思われるに決まってる。

あと、そういうお店で店員さんに話しかけられるのがめっちゃ苦手なんすよね。

こちとらオシャレな服を買いに来たんだけど、3万とかするジャケットを買う気はないですw

でも値段を理由に断るのはかなり恥ずかしい。

「この服すっごい良いんですけど、値段がちょっとなあ。。」

なんて言ったら、

「センスないのに値段で決めんのかよ」
「こいつ何しに来たんだよ」

とか思われそうで。

自意識過剰だとは思いつつも、そういうお店は避けました。

そんな僕を受け入れてくれる店は、ユニクロくらい。

ユニクロも出始めのころに比べればだいぶマシになったけど、やっぱり無難です。

僕が望んでる雑誌のようなオシャレは出来なかったです。

 

自分一人の力でオシャレになるのは厳しいって分かってた

全身ユニクロ、色は白黒ネイビーみたいな無難なファッションを着ていれば、バカにされることはかなり減りました。

というか、無個性すぎて誰も気にも留めなくなった、が正しいかも。

でも、ふと思うんですよね。

このままでいいのかって。

このままオシャレしたいっていう欲望を持ちながらも、そこを無視して生き続けていいのかって。

答えはもちもん No です。

僕は別に、原宿とかにいるような性別を超越した、奇抜なオシャレがしたいなんて思ってないです。

せめて、渋谷とか新宿みたいな若者が集まるような場所にいっても、恥ずかしくないくらいの恰好でよかったんです。

ちょっと欲をいえば、女の子と会ったときにオシャレだねって褒められるくらいw

でも、自分一人でそこを目指すのは無理だって過去の経験から分かってます。

だから、出来れば誰かに服を選んで欲しい。ファッションに詳しい人に。

でも、僕の周りにそんなことをしてくれる変わり者は当然いない。

というかオシャレな友だちなんてゼロですw

そこで、一つ考えたのがパーソナルコーディネーター。

一緒に買い物に行って、自分に合う服を選んでくれるってやつです。

でも、調べてみるとそういうのってめっちゃ高いんですよね~。

相場だと最低でも10万はかかるらしいんです。

この金額は現実的じゃない。ナシナシ。

じゃあどうすればいいんだって、いろいろ悩んだ結果、ちょうどいいのを見つけましたよ。

それが「スタイリストが選んでくれるファッションレンタル」というものです。

 

プロのスタイリストの力を借りてオシャレへの一歩を踏み出した

僕が見つけたのは「leeap」というファッションレンタルサービス。

ファッションレンタルって知ってますかね。

読んで字のごとく服を借りるサービスで、定額で利用することができます。

「leeap」だと月額7,800円(税抜き)から利用できます。

この値段高いと思った方もいるかもしれないですが、僕はぜんぜんそうは思いません。

むしろ安いと思ってるくらい。

なぜなら、「leeap」の一番の特徴でもある、プロのスタイリストが選んでくれるってところがデカいから。

会員登録のときに入力した身長や体重だったり、全身の写真を送れば、それをもとにスタイリストが服を選んでくれるんです。

もちろん、こちらの要望も受け入れてくれます。

ようは、ファッションに詳しい人が自分に似合った服を選んでくれるっていうパーソナルコーディネーターとほぼ同じです。

で、かたやパーソナルコーディネーターだと10万円とかかかるのに、「leeap」ならたったの8,000円で利用できるんだから、めっちゃお得ですよね。

そう思って、僕もさっそく利用してみました。

詳しい体験談はこちら

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

beforeとafterを並べるとこんな感じです。

自分で言うのもなんですが、悪くはないと思っていますw

今まで、自分ではやってこなかったようなアイテムも提案してもらって、すごく新鮮な気持ちにもなりました。

で、やっぱりこういう新しいアイテムに、挑戦する経験って大事だよなって思います。

だって、これまでと同じような無難な服ばっか着てたら、何も変わらないし、成長もしないから。

こうやって新しいアイテムに挑戦してこそ、コーディネートの幅も広がるってもんだし、自分なりのオシャレにも近づいてきます。

しかも、「leeap」ならスタイリストの方が自分に似合うと選んでくれたものなので、安心して挑戦できるって話です。

今まで、自分で閉ざしていたオシャレへの道に、やっと一歩目を踏み出せた感じです。

 

ファッションが変わるだけで自信につながった

「leeap」を使うようになってから、外に出るのが楽しくなりました。

外でガラスに映る自分を見て「うん、結構イケてんじゃん」って思うようになったりもしてw

あと、駅とかデパートのトイレに入ることが増えました。

なぜなら鏡があるから。

鏡に映った自分を見るたびに、テンションが上がるんです。

書いててただのナルシストじゃんって思うけどw

まあ、服装がよくなるってだけで、それだけ気持ちも変わるってことです。

あとは、ファッション以外にも気を使うようになりました。

靴もボロボロのスニーカーばっか履いてたのを、キレイ目な革靴を履いてみたり。

髪も今までは、安けりゃ何でもいいやって思って、1000円カットに行ってたけど、今ではカットで5000円する美容室に行くようになりましたよ。

やっぱこう、ファッションがよくなると、それに合わせて他も上げてこうって思うようになったんですよね。

今までは、自分は何してもムダだって思い込んで、見た目に気を使う努力を放棄してたけど、ファッションをきっかけに自分も捨てたもんじゃないなって思えたんです。

そして、見た目に気を使うようになってそれなりの恰好になると、自信がつきますね。

昔は自分の恰好を見られたくないからって、出かけるのは暗い時間になってからが多かったけど。

今では堂々と明るい時間に出かけるようになったし、オシャレが集うカフェみたいなとこにも行っちゃったりしてw

明らかに昔よりも休日を楽しんでる自分がいます。

こんな自分に出会えたのも、ファッションレンタルを使うっていう一歩を踏み出したからなんだなってしみじみ思います。

 

さいごに

僕はファッションが変わったことで、人生が変わったと感じてます。

そんな大げさなって思うかもしれないすけど、そこはマジでそう思ってます。

外に出るのが楽しくなる、鏡に映る自分を見てテンションが上がる。

そんなこと、昔の僕からしたら考えられないです。

たかがファッション、されどファッション。

ファッションが良くなることで、自分に自信を持てるようになるんすよね。

みなさんは、街中で顔は大したことないのにオシャレな恰好した人が、すげー可愛い女の子つれてるの見たことないですか。

あれもファッションのおかげだと思うんですよね。

ファッションで自分に自信を持ててるからこそ、可愛い女の子に声をかけられたんだろうし。

会話もたいして面白くないけど、堂々としゃべってるから良く聞こえるんでしょうw

そういう自信が女の子にも伝わって、魅力的な人だと思わせることが出来てるんです。

顔は変えられないけど、ファッションは誰でも変えられます。

そして、ファッションをどう変えればいいのか分からない人でも、このブログで紹介している「leeap」を使えば、安心してオシャレに挑戦できます。

僕も「leeap」を使ったことをきっかけに、自信が持てたし、ファッション以外にも気を使って悪くはない見た目になれました。

ダサい自分は何してもダメだって思ってたけど、案外イケるもんだなって感じれたんですよ。

なので、ファッションに苦手意識を持ってる人には、一度は試して欲しいサービスです。

そして、オシャレへの一歩を踏み出していって欲しいです。

案外、遠くはない場所にオシャレはありますよ。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です