試着室でみる自分の服はいつもダサく見えた。

ぼくは試着室で自分の服に毎回絶望するやつだった。

気に入った服を選んで試着室に向かうとき、
新しい服にトライするドキドキ感がある反面、
僕はいつもテンションが下がっていた。

自分がもともと着ていた服が猛烈にダサく見えるからだ。

これ、誰しも経験があることだと思う。

自分の着ている服に対して、
「やべー今日の服超だせえわ、、」と。

ぼくの場合はこれが毎回起こる。

だからこそ、試着室で自分の服に絶望した時は、
「早くこの格好を変えたい」という気持ちから
速攻服を買って、デパートのトイレとかで着替えていた。

「タグ、全部取ってください」

買ったあとすぐ着替えるために、レジでこのフレーズを何度言ったことか。

それくらい僕は試着室で自分のダサさを見る度にげんなりしていた。

で、残念なことに、ぼくの場合はこれが毎シーズン起こる。

アパレル店の試着室に入るたびに自分の服装がダサいと思って、新しい服を買い、
結局1年くらいしたら、その買った服もダサいと感じてしまうのだ。

それが「ファッション=流行」といえば片付くのかもしれない。

でもぼくの場合は普通にセンスがないから決して流行のせいにできる身分ではなかった。

なんなら正確にいうと、その服が本当にダサいのかどうかすら僕はわかってない。笑

でも自分に自信がないから、ダサいと思って結局次の服を買ってしまうのだ。

なんという負のスパイラル。
もったいないったらありゃしない。

そのもったいなさな気づいてからは、
アパレル店に行く回数も少なくなった。

行ったとしても、試着室で自分の服を見ると萎えることが分かっていたから、服は買わなかった。ぜんぜん楽しくなかった。

試着室というのは不思議な空間だ。

これまでに自分が着ていた服を否定されるだけでなく、自分まで否定されているような気持ちになる。

そんなこともあって、そのうちアパレル店に行くのも怖くなっていた。

だからおしゃれになるのは諦めていた。
もう俺はダサくてええんや、と。
モテなくてええんや、と。

でも、
久しぶりに会う友達との予定とかができたりすると、
「やべーおしゃれしなきゃ」
「ダセーって思われたくねえ。。」
という気持ちが湧き上がっていた。

で、結局ダサい自分へのコンプレックスは消えないという。

そうなってくるとやはり、服には関心が生まれてくる。

そして相変わらずあーでもない、こーでもないと。
悩む日々は続いた。

ただ、そんな時にファッションレンタルに出会った。

ファッションレンタルとは月額いくらか払って、
プロのスタイリストが服を選び自宅に送ってくれるというシステムだ。

まあ詳しいことやファッションレンタルを選んだ経緯については、
このブログを読んでくれている人なら言うまでもないだろう。

早い話、ファッションレンタルは
誰でも手っ取り早くおしゃれ上級者になれるという仕組みだ。

プロのスタイリストが自分に合わせて服を選んでくれるから、そりゃ嫌でもおしゃれになる。

僕は自分のおしゃれに確信を持ってから、まるっきり行動が変わった。

自分の服に確信を持ってるから、アパレル店に行っても怖くないのだ。

店員さんにも服を褒められるし、前までは絶対に手に取れなかった服も鏡の前で合わせたりするようになった。

そしてなにより試着室で絶望する機会がなくなった。

むしろ自分の着てる服がオシャレすぎて、そのお店の服が霞むように見えたことすらある。

こんなこと今までありえなかった。

もちろんファッションレンタルを始めてからは服を買うってことは極端に少なくなったけど、服に関心を持ったこともあってアパレル店にはよく行くようになった。

シンプルに服に目が長けてる店員さんに自分の服装を見てもらいたいという下心もあるけど。笑

だから最近はもっぱら買う予定はないのに、ふらーっとアパレル店に立ち寄り、心の中でドヤ顔で歩いたりもしてる。笑

そして、店内に立ち並ぶ服を見ながら、

「次はこんな服が来るのかなあ?」
「おっ、この服センスあるじゃん!」
「これ俺に似合いそうだな」

などなど考えている。

ファッションレンタルを始めてからは、
いやでも自分のセンスも磨かれてるから服のことを考えるだけでも楽しい。

今では雑誌を読むのも楽しくなった。
服のことがわかってしまうから。

やっぱりオシャレだと生活も楽しくなる。

だからこそ昔の僕みたいに服に自信のない人はぜひファッションレンタルを始めてみることをおすすめする。

月額も7000円程度で高くないし、自分に合ってなきゃ直ぐにやめればいい話だし。

新しいことを始める上ではそんなにハードルも高くないと思う。

間違いなく言えることとしては、明らかに人生の中に刺激は増えます。

郵便で自宅に自分だけのぴったりな服の入ってる段ボールが来るときのワクワク感はすげーです。

いまだに毎度ワクワクしてますもん、僕。
こんな気持ちになるのは小学生の頃のクリスマスプレゼント以来だったなあ。。

てことで、楽しいですよ、ファッションレンタル。
今の生活つまんねーなーとか、おしゃれとかわかんねーわーって人はぜひやってみてください。

それでは今日はこんなところで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です