美容院での会話が苦手な人必見!上手い対処法4つ紹介します!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

今回は、美容院での会話が苦手な方に向けて対処法をお話をしていきたいと思います。

美容院に行って、自分が納得のいく髪型にしてもらえるのは嬉しいのものの、意外と困ってしまうのが会話ではないでしょうか?

僕も鏡越しの会話が違和感を感じてしまって、美容院での会話に苦手意識があります。

女性美容師の場合だと、余計に会話に困惑してしまう方も多いはず。

ですが、美容師さんは沢山の人と日々接しているので、会話に苦手意識があるお客さんの気持ちを理解した上で対応をしてくれます。

「美容院に行くの会話が苦手だから憂鬱だな…」

と、思わずにすむようになりたいですよね。

美容院での会話が苦手でも、気持ちが楽になる対処法を詳しくまとめたので一緒に見ていきましょう!

美容院が苦手な人の意見

ツイートを見ると美容院が苦手だと感じる男性は、やはり一定数いるようです。

ですが、女性でも美容院が苦手だと感じている人も多いことに僕は驚きました!

(なんとなく、女性は美容院が好きでおしゃべり好きな人が多いイメージがあったので)

女性であっても苦手な方がいるのに、男性が美容院での会話が苦手と感じてしまうのは当然ですよね。

お洒落な感じの美容師さんとの会話になんとなく苦手意識を感じてしまう方が多いようです。

美容院での会話が苦手な男性の対処法4つ

男性美容師がいるお店を選んでみよう

上記ツイートのように、男性美容師が経営しているお店に行く、もしくは男性美容師を指名できる美容院に行けば異性との会話が緊張する方でも気が楽になりますよね。

下調べして、男性美容院がいる店舗に足を運んでみましょう!

カウンセリングシートを活用してみよう

カウンセリングシートに記入することができるなら、そこに会話が苦手と書いておきましょう。

最初から会話が苦手と伝えておけば、美容師さんも場を盛り上げなきゃいけないと変な気を使うこともありませんし、お互いに気が楽だと思います。

美容師さんが会話するのは、どんな髪型にすればいいか?を聞きたいだけです。

天気の話をしてみたり、どこに住んでるのかを聞いたりするのはお客さんの緊張を和らげるためであったり、「生活スタイルがこういう人ならこんな髪型が良いかな」と考えるからであり、

職業として美容師さんが一生懸命にやっている表れなのだと思えば気持ちも楽になりますよね。

会話以外の楽しみを見つけてみよう

会話が苦手と感じるなら、会話以外のところで楽しみを見つけるのも一つの方法です。

こちらのツイートでは、美容師との会話は苦手だけど「メンズの癒しのメニューが充実していていい」と違う楽しみを見つけている様子。

僕の場合はいつも読まない雑誌を見たり、行きつけの美容院が猫を飼っているのでその猫に会えるのが密かな楽しみだったりします。

美容院に行ったら、会話以外の楽しみを見つけてみましょう!

モテるためだと思ってみよう

「女性との会話が苦手でうまくいかないという方は、見た目もいまいちな人が多い」

このツイートに心当たりのある男性も多いのではないでしょうか?

美容室でカットしてもらうだけでおしゃれになれるのですから、実は手っ取り早くて楽な方法なんです!

こちらのツイートの方のように、「おしゃれになって異性と会話できるなんて一石二鳥」という発想は、なるほどなと思いました。

異性との会話が苦手で、おしゃれになってモテたいなら美容室は最適な場所ですよね。

苦手を克服するためと思えば気持ちも前向きになりますし、美容師さんも商売ですから客の会話がたどたどしくても、変な顔はしてこないというのも安心できるポイントです。

会話に自信がないなら、ファッションで自信をつけよう!

コミュニケーションに苦手意識を持っている方の多くは、なんとなく自分に自信がないといういう方が多いのではないでしょうか?

そんな方は、ファッションを変えて、自分に自信をつけてみましょう!

「おしゃれに自信がなくて、自分で選ぼうにもどうしてよいかわからない」

そんな悩みを抱える男性にお勧めなのが、僕も使っているファッションレンタルleeap(リープ)です!

プロのスタイリストがコーデしてくれた服が自宅に届く、夢のようなサービスになります。

外れ服がなく、気に入らなければ返品できるのも嬉しいポイント。

更に、LINEでスタイリストとやり取りができて、会話が苦手な男性にも有難いサービスです。

女性スタイリスが対応してくれるのでモテ服であることは間違いありませんし、異性との会話が苦手なのを克服するきっかけにもなります。

僕も、ファッションに自信がなくて引きこもりのような生活を送っていましたが、ファッションレンタルに出会っておしゃれを楽しめるようになりました。

詳しい体験談はこちらから↓

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

まとめ

美容院でお会話が苦手だと感じる男性に向けてた処方をまとめました↓

 

美容院での会話が苦手な男性の対処法4つ
  1. 男性美容師のいるお店を選ぼう
  2. カウンセリングシートを活用してみよう
  3. 会話以外の楽しみを見つけてみよう
  4. モテるためだと思ってみよう

 

美容院での会話が苦手に感じる方も、会話以外の楽しみを見つけたり、会話が苦手なことを伝えてみたりできることをしてみましょう。

よく考えてみれば髪形を整えるために美容院に行くのですから、会話が苦手でも問題はありませんよね。

この記事が、格好良くなりたいと願う男性の役に立てることを願っています!

それでは、今日もここまでお付き合いありがとうございました。

 

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です