【M字はげ+面長】似合う髪型決定版!さらに印象アップする秘訣も紹介

こんにちは、トシです。

今回は、M字の薄毛&面長フェイス、2つのお悩みを解決するヘアスタイルについて取りあげます。

みなさんはこんなお悩みありませんか。

「年々、M字の生え際が上がってきている」

「M字が目立たない髪型にしたいけど、面長が強調されるのもイヤ」

「自分に合う髪型がわからない」

 

僕も自分に合う髪型を見つけるって本当むずかしいです。

短く切ってしまって似合わなかった、とか絶対イヤですしね。

でもオシャレな髪型を楽しみたい、その気持ちわかります。

結論からいうと、【M字+面長】という悩みがあってもオシャレな髪型は楽しめます。

さらに、服装などトータルで見直すことで、総合的に見てステキ度がUPし、髪型が気にならなくなるということもわかりました。

 

この記事では、

  • M字はげ+面長の方が似合う髪型選びのポイント
  • 髪型以外に目を向けてトータルで素敵に見せる方法

この2つをお話します。

髪型だけにとられない、発想の転換もできるので参考にしてください。

面長顔とM字はげ、両方をカバーする髪型のポイント

M字はげと面長、カバーする髪型の違い

M字の薄毛と面長、ネットで調べても両方をカバーする髪型はなかなか出てきません。

それは、それぞれをカバーするためのポイントが相反するからです。

面長 M字
トップ 下げる 上げる
前髪 下ろす 上げる
サイド ボリュームだす ボリューム抑える

面長の人の場合

縦長のシルエットにならないように意識したほうがいいので、トップは高さを出さず、サイドも刈りすぎないで横広がりのシルエットを目指します。

また、前髪を下ろすことで、あご先から額の距離が短くなるので面長を抑える効果があります。

 

M字が薄い人の場合

M字に視線が向かないようにしたいので、トップにボリュームを残して立ち上げ、サイドは短く刈り上げて頭皮を見せる、ということをします。

これによって自然とトップやサイドの刈り上げの方に目が行くことになります。

 

このように面長とM字をカバーするカットのポイントは真逆なことから、

片方をカバーするともう片方が目立ってしまった、ということになりかねません。

M字カバーを優先させよう

「顔が長く見えるのをどうにかしたい」

「M字はげを目立たなくしたい」

両方の悩みを持っているとおもいますが、どちらを優先してカバーしたいかとなると、

このページにたどり着いた方は「M字はげ」の方なんじゃないかなと思います。

 

女性ウケを考えても、M字に視線が集まるような髪型はイヤですよね。

僕も面長はイヤですけど、まあ男なんでそこまで小顔志向でもないですし…

それよりも髪の薄さが目立つのを回避したいです。

 

ここからは、M字を目立たせないことを最優先に、そのうえで面長感もやわらげるような髪型をご紹介します。

【M字+面長】おすすめの髪型

【M字+面長】をカバーする髪型の一例をご紹介します。

美容室で髪型をリクエストするときの参考にしてみてください。

刈り上げショート

最近のショートヘアのトレンドは「刈り上げ」を取り入れたスタイルです。

その魅力は男らしくて、スーツとの相性もいいこと。

 

紹介するカットモデルさんはM字部分に悩む面長フェイスの方です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

INTI(@inti.tokyo)がシェアした投稿

サイドは耳周りこそスッキリしていますが、そこまで短くなく、横への広がりで面長感が抑えられています。

面長とM字はげ、両方見事にカバーされているカットです。

ソフトモヒカン

ソフトモヒカン頭頂部の髪は長めに残し、耳周りや後ろはすっきりと刈り上げたヘアスタイルです。

人気サッカー選手だったベッカムがこの髪型にしたことで大流行しました。

当時は『ベッカムヘア』と呼ばれていましたね。

僕も子どもの頃、床屋さんで「ベッカムヘアにしてください」ってお願いしたことありました。

 

ソフトモヒカンは一時的な流行に終わらず、人気のヘアスタイルとして定着しています。

面長をカバーするには、トップの立ち上げはほどほどにするか、横へ流すかします。

ツーブロック

トップを長めに残しサイドと後ろを刈り上げるので、ソフトモヒカンと似ているのですが、段差を付けてカットするのがツーブロックです。

10代20代の若者に人気の髪型ですが、清潔感があるので30代のビジネスマンにも人気があります。

段差のついた刈り上げがアクセントになって、M字部分に視線が行きにくいヘアスタイルです。

 

【M字+面長】が逆に目立つ髪型

ここではM字や面長がかえって目立ってしまう悪い例を2つご紹介します。

①長い前髪でM字をカバー

前髪を伸ばして額に下ろす、

これはM字も面長もカバーできるかと思いきや逆効果なんです。

たとえば、

  • 汗や皮脂で下ろした前髪が割れきて、おでこ&M字が逆に目立つ、不潔にも見える
  • 風が吹いたときや振り向きざま、ふとした瞬間に、前髪が舞い上がってすべてさらされる

 

数年前のアンガールズ田中さんのヘアスタイルを、失礼ながら参考に見てみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

miyamo(@miyamofuffu)がシェアした投稿

芸人さんですから、薄毛が目立つようにあえてこのヘアスタイルだった可能性はありますが、

髪が長い方が、かえってハゲが目立つ

この言葉を実証していますよね。

前髪は短くカットした方が、清潔感もあり、髪の無い部分が目立たないということになります。

ちなみに現在のアンガールズ田中さんも、おでこは完全に出した清潔感あるヘアスタイルにされています。

 

【M字+面長】の場合は、前髪は短くカットして、少し額にかかる程度にしましょう。

②前髪やトップを立ち上げる

顔の長さを判断するとき、人は無意識に次の2つを見ています。

  1. あご先から額まで
  2. あご先から頭のてっぺんまで

 

なので、前髪を立ち上げたり、トップをワックスで立ち上げたりするのは面長感が増してしまいます。

ここでも失礼ながら芸能人の『なすび』さんを参考に見てみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なすび(@nasubi8848)がシェアした投稿

なすびさんも芸人さんで面長がトレードマークですから、あえて髪型で強調しているところはあります。

このように前髪やトップの毛が長めで、さらに立ち上がった状態だと、面長感が倍増するんですね。

なすびさんの場合、サイドを刈り上げているので、さらにシルエットが縦長になっています。

面長を抑える場合は、トップはサイドに流すアレンジで、ボリューム感だけ表現しましょう。

 

【M字+面長】髪型だけでカバーしようとしない

女性はあなたを総合的に評価します

ここまで【M字+面長】をカバーする髪型について深堀りしてきました。

でも世の中、薄毛でも魅力的な人はたくさんいますよね。

髪型でカバーするのも大事だけど、それだけでいいのかなっておもうんです。

そもそも欠点っていうのは、清潔感やファッションといった全体の印象を良くすることで目立たなくするものなんですよね。

とくに女性は相手を見るとき、ハゲだとか面長だとか、そんなピンポイントでは見ていなくて、

総合的に見て、「あ、なんかいいな」「素敵だな」と印象を抱くものです。

 

なので、ヘアスタイルだけでなくファッションについても見直してみることが大切です。

総合評価のポイントは「清潔感とオシャレ」

欠点に目が向かず、好印象を持たれるファッションはこんな感じです。

  • 清潔感がある
  • ダサくなく、センスの良い着こなしをしている

 

一言でいってもむずかしいですよね。

分かります、僕は元“オシャレ音痴”でファッションにはかなり悩んだ方なので。

 

そんな僕がおすすめするのは、プロが選んだ服をレンタルする方法です。

いわゆる「ファッションレンタル」なんですが、男性に特化してオシャレな服をそろえているのは

メンズファッションレンタルサービス『Leeap(リープ)』です。

Leeap(リープ)でレンタルできるコーデ一式の一例がこちら。

こういったセンスの良い服一式を、プロのスタイリストが選んでくれます。

服選びの際には、LINEでスタイリストさんと直接やり取りするので、カバーしたい外見の悩みも気軽に伝えることができます

気になる方はホームページをのぞいてみてください。

\詳細ページはコチラから/

僕の実際の体験談も良かったら見てみてください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

まとめ

今回は、M字はげ+面長に似合う髪型について取り上げました。

M字+面長をカバーする髪型のポイント
  • M字と面長、それぞれをカバーする髪型は異なる
  • 女性の目に留まりやすいM字を優先してカバー
  • おすすめは刈り上げショート、ソフトモヒカン、ツーブロック

 

こういうヘアスタイルは逆効果です。

M字+面長が逆に目立つ髪型
  1. 長い前髪でM字を隠す
  2. 前髪やトップを立ち上げる

 

ヘアスタイルだけでなく全体的な印象も考えることが大切でしたね。

【M字+面長】髪型だけでカバーしようとしない
  • 女性は全体を評価する
  • 清潔感があってダサ見えしないファッションを

 

似合う髪型だけでなく、服にも気を使ってトータルで素敵な雰囲気を作れるようにしたいですよね。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です