【M字ハゲの悩みこれで解決】前髪が割れる原因と解決策を伝授!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

 

今回は、M字に前髪が割れる悩みをお持ちの方に、その原因と解決策をご紹介したいと思います。

 

ふと鏡を見た時に、

「あれ、なんだか前髪が割れるようになったな」

「こんなにここの髪、薄かったかな」

と感じることはありませんか。

 

これってM字ハゲなのか、気になるけどなかなか人に聞けなかったりしますよね。

でもネットで検索してみると、意外とたくさんの人が同じ悩みを持っていることに

気付くことがあります。

今回は、前髪が割れる原因とその解決法を、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

髪型で解決

まずは、生え癖や伸び過ぎた前髪が原因で、前髪が割れるようになったという人

生え際が少し薄くなってきたかもという人への解決策をご紹介します。

ドライヤーでカバーする

まず、手軽に自宅でできる方法はドライヤーでのヘアセットです。

ポイントは簡単

  1. 髪を濡らした状態にする
  2. 真ん中に寄せるようにドライヤーの風を当てる(風を当てる向きに注意)
  3. 最後に冷風をあて、髪を冷ます
  4. ヘアワックスでしっかりスタイリング(束になりすぎないように注意)

 

こちらの動画では、M字ハゲをドライヤーでカバーする方法をわかりやすくポイントで

説明してくれています。

  • 後ろから風をあてる
  • 左右交互にあてる
  • 頭頂部は立たせてボリュームを出す
  • ノズルを持つと狙いやすい

これだけでだいぶ印象が変わるので、参考にしてみてください。

 

短髪でおでこを出す

自分では上手くカバー出来ない、ドライヤーではもう限界という方におすすめなのが、

思い切って短髪にしておでこを出すということです。

生え際の薄毛が気になる方は、つい前髪で生え際を隠そうとしますが、

髪の隙間から額が見えてしまうと余計M字が目立ってしまいます。

思い切っておでこを出して、トップにボリュームをもってくると、M字に目線がいきにくくなります。

今回はその中でも、おすすめのスタイル2つをご紹介します。

 

ツーブロック

ツーブロックとは、トップが長めで、サイドや襟足が短めにカットされており、

おしゃれ感や清潔感が出るので、女性ウケも良いヘアスタイルです。

10代の若者から、50~60代でも似合うスタイルなど、バリエーションが幅広いのも人気の理由です。

バリエーションが豊かなため、M字ハゲに悩む方にとっても自分にぴったりのスタイルが見つかるはずです。

 

引用元:HOT PEPPER Beauty

 

引用元:HOT PEPPER Beauty

 

ソフトモヒカン

ソフトモヒカンとは、頭部の中央の髪を残して、左右を刈り上げるスタイルで、

モヒカンほどハードになりすぎないので、爽やかな印象になります。

人気サッカー選手のベッカムがこの髪型にしたことで、「ベッカムヘア」として、

一時期流行になった髪型ですが、今も人気のヘアスタイルとして支持されています。

 

引用元:ビューティーBOXヘアスタイル

 

引用元:ビューティーBOXヘアスタイル

 

パーマをあてる

パーマをあててボリュームアップをすることも、生え癖や生え際の薄毛が気になる方に

おすすめです。

毛を根元から立ち上げ、ボリューム感を出すことで、

薄毛を隠しながらも、おしゃれな印象を与えてくれます。

しかし、デメリットもあります。

 

パーマのデメリット
  1. パーマ液のダメージを受けやすい
  2. M字ハゲの進行度合いによっては、隠しきれずに逆に目立ってしまう

 

一度あててしまうと、それを戻すのにも髪へダメージを与えてしまうので、

パーマをあてるかどうかは、美容師さんに悩みを相談してみてから決断することをおすすめします。

 

引用元:MAGNOLIA

 

スポンサーリンク

治療で解決

前髪が割れるようになった原因で一番多いのが、

抜け毛が増えた結果、生え際にもともとあった毛がなくなってしまったというものです。

短髪にする、パーマをあてるというのは、手早くできる解決策にはなりますが、

どちらもM字ハゲが進行すると全体的にボリュームがなくなってしまうので、

隠すのにも限界がきてしまいます。

そうなった場合、やはりおすすめするのが、治療薬やプロの力を借りるということです。

薄毛の原因は、AGAであることがほとんどなので、放置していても治ることはありません。

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

引用元:AGAとは

AGAだったとしても、治らないのかと諦めることはありません。

今は、色々な治療法があるので、自分にあった治療法に出会って、自分の髪を取り戻してください。

それぞれの治療法にメリット・デメリットがあるので、まずは簡単にご紹介します。

 

メリット デメリット
育毛
  • 費用が安い
  • 家で簡単にできる
  • 髪自体が健康的になるので抜け毛防止につながる
  • 時間がかかる
  • 効果がわかりにくい
発毛
  • 費用が安い
  • 家で簡単にできる
  • 自然に近い形で髪を生やすことができる
  • 時間がかかる
  • 副作用が出る可能性がある
  • 毛根がないと不可能
増毛
  • 確実で即効性がある
  • 選べるタイプがある
  • 効果が目に見えてわかる
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 毛がないと不可能
植毛
  • 自然な仕上がりになる
  • 脱毛が進行する心配が少ない
  • 薄毛の根本的な解決になる
  • 費用が高い
  • 定着するまでに半年以上かかる
  • メスを使うと頭皮への負担がかかる

 

育毛・発毛

人間の髪には、生えてから抜けるまでの成長サイクルがあります。

そのサイクルを正常化して、髪が自分の力で育っていけるようサポートするのが

「育毛」と「発毛」です。

 

では、この「育毛」と「発毛」の違いってわかりますか。

僕は、言葉はテレビCMなどで聞いたことはあるけど、いまいちどう違うのかわかりませんでした。

今回改めて調べてみたら、とっても単純なことがわかりました。

 

  • 育毛は、いま生えている髪の毛を抜けないようすること
  • 発毛は、いま生えていない髪の毛を生やし、毛量を増やすこと

 

ということです。

そう、似ているようで、実は全く別の言葉なんです。

 

もう少し、細かく説明すると、

育毛剤は、頭皮に栄養を与えたりすることで、

頭皮環境を整え、健康的な髪が生えやすい環境を作ります。

髪自体が健康的になると、抜け毛防止にもつながります。

難点といえば、効果が出るまで時間がかかるうえ、効果が出ているのか目に見えて

わかりにくいということです。

発毛剤は、血行を促進させて細胞に栄養を行き渡らせ、発毛を促進します。

そうすることで、一度抜け落ちた髪を生えさせ、毛量を増やすということです。

発毛も同様に、効果が出るまでに数か月がかかるし、一度生えてきたとしても

それを維持するためには通い続けなければなりません。

 

育毛剤が「医療部外品」なのに対して、

発毛剤はAGAの症状を治療して改善するために使う「医療品」となります。

その中でも、副作用や効き目によって「要指導医薬品」「第1類医薬品」「指定第2類医薬」

「第2類医薬品」「第3類医薬品」の5種類に分類されています。

肌に合わないと皮膚炎などの副作用もみられるため、自分の体質や身体への影響など

悩みの状況に合わせて、医薬品の分類を選ぶことをおすすめします。

 

増毛

「育毛」「発毛」は、髪が自分の力で育っていくのをサポートする方法だったのに対して、

「増毛」は人工的に髪を増やす方法です。

1本1本の髪に人口毛を編み込み、髪全体にボリュームを出します。

そのため、確実で即効性があり、早く薄毛を改善したい方におすすめの方法です。

また、髪に編み込むタイプや頭皮に張り付けるタイプなど様々なタイプがあるので、

自分に合ったものを選べるのもいいですよね。

ただし、髪が抜け落ちれば増毛した髪も抜けるので、定期的に増毛する必要があります。

また、自分の髪が伸びても増毛した部分は伸びないので、アンバランスな印象にならないよう

細かいメンテナンスも必要です。

増毛をすることで、一定期間だけ髪のボリュームを増やすことはできますが、

薄毛の根本的な解決にはならないというデメリットがありますし、

今ある毛に結び付けるため、そもそも毛がない場合は不可能ということです。

 

植毛

「育毛」「発毛」「増毛」と説明しましたが、そもそも、育毛と増毛は毛があること、

発毛は毛根があることが前提なので、ツルツルの状態になってしまっていては効果はでません。

毛を増やすために最も確実な方法は、「植毛」です。

 

植毛とは、髪が残っている後頭部の毛を毛根ごとくり抜いて、髪の毛が残っていない、

もしくは薄くなっている箇所に、毛を植え込むということです。

定着するまでに数か月から半年かかりますが、定着して新しい毛が生えてきたら、

もともと薄かった部分よりも薄毛になる心配は少なくなります。

費用もかなりかかりますが、自然な仕上がりで見た目が大幅に改善されることが期待できるので、

根本的に薄毛の悩みを解決することができます。

この行為は医療行為となるので、必ず専門医のいるクリニックで受ける必要があります。

今は、頭皮への負担を軽減する手術方法や、人口毛を使った植毛もあるので、

プロに相談して自分に合った方法を見つけてください。

 

スポンサーリンク

M字ハゲでもイケてる人はいる

今までは、M字に前髪が割れるのを、カバーしたり改善する解決策をご紹介しましたが、

「そもそも髪にそこまでお金をかけたくない」

「髪以外のところで勝負したい」

という方におすすめの解決策をご紹介します。

 

株式会社プラスエイトは、SNSに関心の高い全国の20代女性を対象に、

「魅力的な男性」に関する調査を実施しました。

引用元:イマドキ女子が教えてくれた魅力的な男性像とは?そして今すぐできること

『外見4:6中身(43.8%)』の割合が約4割以上となっています。

 

引用元:イマドキ女子が教えてくれた魅力的な男性像とは?そして今すぐできること

『清潔感(54.5%)』と回答した方が半数以上もいます。

 

つまり、外見よりも中身を重視している女性が多いということ、

そして外見は「清潔感」を意識することが重要ということです。

そのために、今からできる事をまとめてみました。

 

仕事や趣味を極めて人生を満喫

中身を磨くって、どうしたらいいのかと言われたら、なかなか答えに難しいですよね。

でも一つ言えるのは、優しくて笑顔が素敵な人は、人生を楽しんでいる人だと思いませんか。

毎日「疲れた」「働きたくない」と言いながらダラダラしている人よりも、

自分の好きなことに目を輝かせて楽しみながら頑張っている人は、なんか応援したくなるものです。

スポーツ選手で言えば、イチロー選手三浦知良選手なんて、まさにその通り。

仕事であれ趣味であれ、一生懸命楽しみながら取り組んでいる人は、年齢関係なく、

とても魅力的です。

一生懸命努力すれば、自信につながり、その自信が心の余裕を作ってくれます。

心に余裕がある人は、人にも優しくなれるし、自然と笑顔がでてきます。

難しく考えずに、まずは目の前にある仕事や趣味を楽しみながら頑張ってやってみましょう。

 

清潔感のあるファッション

パッと見た時に、ヨレヨレのシャツや色あせたTシャツ、汚れた靴では

清潔感なんて全く感じないですよね。

薄毛や顔は、自分の力だけでは簡単に変えることはできませんが、

ファッションなら簡単に変えることができます。

 

こんなことを言っている僕ですが、実は服のセンスに全く自信がなくて、

外出さえできなくなっていた過去があります。

こちらの記事で詳しく話してますので、良かったら覗いてみてください。

トシのプロフィール~服を見られたくないあまり夜行性だった過去~

 

そんな僕が変われたきっかけは「ファッションレンタル」でした。

男性に特化してオシャレな服を一式そろえてくれるので、おすすめです。

髪型や体型など、それぞれの悩みを相談しながら、プロがコーディネートしてくれるので、

外見に自信が持てるようになります。

髪型にコンプレックスがあっても、清潔感があってセンスのいい服を着ていたら、

そんなの気にならなくなりますよ。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、M字に前髪が割れる原因と解決策についてお話しました。

まず、髪型でカバーする方法から、髪自体を根本的に治療する方法を紹介しました。

 

髪型で解決
  1. ドライヤーでカバー
  2. 短髪でおでこを出す
  3. パーマをあてる
.
治療で解決
  1. 育毛・発毛
  2. 増毛
  3. 植毛

 

それぞれ、メリットやデメリットも紹介してきました。

まずは、自分の髪の特徴を分析し、美容師さんやクリニックなどのプロに相談すること

おすすめします。

 

でも、あまり髪型に固執しないで、中身を磨いたり、清潔感あるファッションをすることで、

自分に自信を持つことも大事なポイントです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です