【服の新常識】捨てる、売る、だけじゃない。返すというスタイルへ

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

もう着ないけど、長年着ていた服やヨレてて人前では着れない服ってクローゼットに眠っていませんか。

あの時、スタメン選手だったお気に入りの服達も今じゃ着れない…けど、いざ手放すとなると寂しいものです。

休み前や連休とかに急に思い立って断捨離したくなったりしますよね。

その時、まず初めに洋服から見直したりしませんか。

気づくと増える服に、同じような服があったりして、

「これ同じの2つもいらないな…」

って、手にした服をみて

やっぱり、まだ着れるよなぁ〜

でも、もうそろそろ捨てて新しいのに買い換えたいなぁ…

なんて、自分の中で葛藤が起こりますよね。

服を捨てるのって意外に神経使うんです…

さよならするタイミング中々つかめなくてもやもやしてませんか。

そこで今回は、僕がこの問題を解決した「返す」という案をご紹介ます。

今までの服の常識が変わりますよ。

これを読むことで、得するポイントが手に入ることを保証します。(笑)

得するポイント
  • あなたが服を手放すのに困らない
  • おまけにお洒落にもなれる
  • 服の節約にも繋がる

 

着なくなった服はどうしてる?2パターンの処分方法

もう着ないけど、いざ捨てるっていう時に愛着が湧きすぎて服が手放せない。

そんなあなたは、服を処分するとき「捨てる」「売る」でいつも悩みませんか。

この2パターンの方法で僕が意識していることをお話しします。

捨てるパターン

正直、服を捨てる罪悪感って本当になくならないです。

そこで、捨てる習慣に基準を設けることで、少しでも捨てる時のあの罪悪感を減らすことができたんです。

僕の基準は、

  • 人前に出た時に、恥ずかしいと感じるようになったら捨てる
  • 着心地が悪いと感じたら捨てる
  • 迷っているBOXに選別して入れる

というように自分ルールを決めることで、結構捨てられました。

前回にもご紹介しましたが、どうしても判断できない場合は「一旦迷っているBOXに避難させる」。

このツイートにめちゃくちゃ共感したので、僕基準に最近追加しました。

しつこいですが、その時のツイートをもう一度。(笑)


さて、いろいろと話しましたが「服を買うなら捨てなさい」と、よく言われているように、捨てる上で何か基準を設けることはとても大事なんですね。

ついでにですが…僕がいつもやっているとっておきの儀式もご紹介します。

それは、捨てるときに「今までありがとう」って心の中で感謝の気持ちを伝えることです。

ちょっと騙されたと思ってやってみて下さい。(笑)

意外に、心の整理ができるんです。

 

売るパターン

ちょっと奮発して買ったけど、上手く着こなせなかった…一度や二度経験したことってありますよね。

そんな時は、無理して着ようとせず、思い切って手放してしまいましょう。

僕が前の記事でもおすすめしているのですが、ずばり「メルカリで売るです。

メルカリアプリはこちらから。

知名度はあるけど、意外に使っている人って少ないんですよ。

スマホがあれば完結できるし、古着屋に売るより断然高値で売れて、売りやすいのですごくおすすめ。

売れれば結構面白いし、お金もゲットできるので得しますよね。

それに、僕以外の必要としてくれる人が着てくれたら嬉しくないですか。

慣れてきたら、服以外にも要らない物を売ることだって可能なんです。

 

それでも、手放すのが苦手でできないっていう人には、ワンシーズンで捨てるという裏技も…手放すヒントが見つかるかも。

服を捨てるタイムリミットは90日!”ワンシーズン”を攻略しよう

 

新しいスタイル「返す」は斬新で賢い‼︎

実は…捨てる、売るの他に「返す」っていう方法があるんです。

僕がいま、一番愛用している方法で、服を手放す時に感じるあの罪悪感も、寂しさも全く生まれない斬新なスタイルがあるんです。

むしろ、「次が待ち遠しくなる」、「ワクワクする」そんな気分が待っています。

それは、服のファッションレンタルです。

巷では服のサブスクと言われ、定額料金で自分好みの服をレンタルすることができます。

しかも、僕が愛用している服のファッションレンタルは、プロのスタイリストが服をコーディネートまでしてくれるんです。

服をプロに選んでもらえて借りることが出来るって斬新じゃないですか。

モデルでも芸能人でもないのに…ですよ。

そして、飽きたら服を返してまた次の服へ乗りかえる…

これって、好循環ですよね。

やらないのは勿体ない。ぜひチャレンジして欲しいです。

 

僕が初めて利用した体験談も載せているので、気になる方はこちらから↓

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

 

新時代到来〜僕が愛用している「leeap(リープ)」良いことだらけ

さて、僕は服のファッションレンタルを愛用していることをご説明しましたが、実際どんなところが気に入っているのか紹介したいと思います。

月額7,800円でコスパ最強

leeap(リープ)は、カジュアルプランとジャケパンプランの2種類があります。

僕は、2コーデ(トップス3枚+ボトム1枚)のカジュアルプランを利用しているのですが、これは私服向けのコーデで、税抜き7,800円/月とかなりのコスパの良さ。

実際に送られてきた服のアイテムの値段を調べみたこともあるんですが、4万円以上していました。

4着届くので、1着1万円以上…これってすごくないですか。

トップス1枚にも満たない金額で借りれるのは、やっぱりコスパ最強ですよね。

 

leeap(リープ)は公式Instagramもやっていて、どんなコーデが届くのか見ることができるので、要チェックですよ↓

 

leeap(リープ)のカジュアルプランとジャケパンプランはこちらをクリック。

 

一瞬でダサ男からオシャレに生まれ変われる

本当に僕の服のセンスって致命的だったんです。

人から言われるまでダサいなんて気付かず、ドクロのパーカーを自信満々に着ていたぐらいですから…かなりの武勇伝です。(苦笑)

leeap(リープ)は、女性の専属スタイリストがついて服選びを手伝ってくれるんです。

自信がないそこのあなたも、これで安定のオシャレが約束されます。

どんなにいい服を持っていても、組み合わせ次第ではかなり痛い人になりかねませんからね。

 

実は時間の節約にもなっている

少数精鋭(せいえい)って言葉知ってますか。

選び抜かれた優秀な服達に囲まれることで、そのコーディネートの中から今日着るものをインスピレーションで選ぶ。

毎月2コーデが届くleeap(リープ)は、正しくこれ。

悩む暇もなく、ワンステップで服選びが完結してしまうんですよ。

服選びのフロー
  1. 厳選され自分の手元に届いた服を、その日の気分よって選ぶ。

 

はい、たったこれだけです。これって圧倒的に時間の節約になっていませんか。

 

上手な時間の節約方法は、ミニマリスト的発想が大切とも言われている時代です。

そんなミニマリストの買い物術もこちらで紹介しているので、良かったらどうぞ。

ミニマリストの買い物術を紹介!やっぱりブレない男は格好良い

 

さらに上手に使いこなす3つのポイント

僕が愛用し続けてきたからこそわかる、ファッションレンタルleeap(リープ)を「賢く」「上手」に使いこなすポイントを3つあげてみました。

それではみていきましょう。

洋服の選び方について

leeap(リープ)は専属のスタイリストが服選びを手伝ってくれますが、きちんと主張をすることがとても大切です。

まず、スタイリストさんとLINEでやりとりが始まるのですが、苦手な色とか柄など質問形式で話がどんどん進んでいきます。

僕とスタイリストさんのLINEでのやりとりです↓

こうやってYES/NOで答えていくのもアリですが、

事前に本屋でファッション雑誌を見て着てみたい服をリサーチする

ことで、自分の好みがうまく伝えらるので、前準備をしておくことをおススメします。

LINEでコミュニケーションを取るのって、細かいニュアンスが伝わらなかったりして難しいんです。

ただ、僕も最初は、すべてスタイリストさんへお任せにしていたので、しなくても全然問題はないですよ。

 

着回し方にもコツがある‼︎

実は、leeap(リープ)のスタイリストさんは、レンタルの洋服以外にも自分が持っているアイテムと着回しができるよう相談にのってくれます。

こちらは僕の手持ちの革靴と合わせる時のやりとり。(この時は結局、他の靴を提案されてしまいました…笑)

今ある自分のお気に入りアイテムを主張して、併せて着回しできるといいですね。

そして、レンタルしている服も買取可能なので、どハマりの物があれば◎。

気に入った服を買い取って、着回しのバリエーションをどんどん増やすのも手ですよ。

 

面倒な「返す」作業を効率的に

leeap(リープ)はレンタルの期限が特にありません。

ここでポイントなのが、月額料金ということ。

通常1ヶ月で新しい服と変えられますが、服の返す期限がないので、翌月も同じコーデになってしまった…ということがないよう注意しましょう。

正直、返すのって面倒なんですよね。

ついつい先延ばしにしてしまいがちですが、毎月新しい服のコーデで、新たな自分発見にチャンレジして益々オシャレになりましょう♪

 

僕をダサ男から救ってくれたファッションレンタルのleeap(リープ)はこちら↓

\詳細ページはコチラから/

 

まとめ

今回は、「売る、捨てる。」の他に「返す」という新しい発見をお伝えしました。

今の時代にマッチしたファッションレンタルの良さも知ってもらえたと思います。

本日のポイント
  • 基準を設けることで捨てやすくする
  • 手放しずらいものはメルカリで売る
  • 返すという新常識で新たな服に出会う

 

ぜひ手持ちの服を見直して、新たな自分を発見して欲しいです。

おしゃれに無縁だった僕も進化を遂げたように、チャレンジしてみることも大事ですね。

常にアンテナをはっておしゃれも賢く自分らしく楽しんでいきましょう。

 

もっと詳しくファッションレンタルのことを書いている記事があるので知りたい、という方はこちらの記事も読んでみてくださいね。

洋服レンタルとはどういうサービス?メリットやデメリットも徹底解説

それでは、本日も読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です