「モテる40代」ダサい男性必見‼︎大人の服はこうして選べ‼︎

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

突然ですが、40代っておじさんですか?

世間一般には40代=おじさんと言われている世代ですが、同じ年代の有名人にはDAIGOや星野源、横山裕(関ジャニ∞)といったおじさんとはかけ離れた人達が存在します。

実際に、僕の周りにも若々しい40代の人もいれば、おじさんの仲間入りしている人も…。

芸能人並みに年齢不詳とまでに若くはなくとも、

実年齢より若い人達って結構多くいるんですよね。

そこで僕は、ある共通点に気付きました。

それは…みんな一様にお洒落れだということ。

 

僕も脱ダサ男から抜け出した一人ではありますが、

何がダサくて、何が良いのか分からない

という人が多いと思うんです。

 

今これを読んでいる、そこのあなたは

  • 奥さんがなにげなく用意してくれた服ばかり着ている
  • 若い時からの服をずっと着ている
  • 体系を気にせず服を選んでいる
  • 若い時はお洒落に興味があったが、今はどうでもいい

 

に当てはまってはいませんか?

 

この年齢で当てはまっていたら要注意です。

ダサいおじさんになっている可能性が非常に高いからです。

40代って、家庭をもって一父親だったり、仕事でも役職が付たりしてそれなりの責任が求められている世代、つまり脂が乗っているいい時期。

結果、忙しくてどんどんお洒落から疎遠になっていく…

子供から「パパ、ダサい‼︎」と言われてしまう、

奥さんから「あなたかっこいい‼︎」なんて久しく言われていない。

なんてことになっていませんか。

 

今着ている服を変えるだけで、

  • イケてるパパになれて、子供や奥さんに見直される
  • 職場で、部下や上司に仕事以外の話を振られたり、人気者になれる
  • ご近所さんの見る目がかわり、思想の旦那さんと言われるようになる

 

他にも身の回りで好転していくことは色々とありますが、

結論からいうと「モテる40代」になれるということです。

それでは、あなたの人生が、どうバラ色の人生へと変わっていくかみていきましょう。

 

スポンサーリンク

〜40代分かれ道〜ダサいおじさんの特徴

40代は様々な人生の岐路にたたされる、とてもデリケートな時期だと言われています。

内面的に十分大人ですが、外見的にも徐々に体型が変わってくるお年頃。

容姿にも品格が現れ、言ってしまえば、

  • ダサいと仕事ができない人にみられる
  • ダサいだけで、だらし無くみえて「近づきたくない」と思われる

 

ダサかったら理想の大人からかけ離れるどころか、残念な大人にみえてしまう…。

40代のダサいおじさんの特徴と自分が当てはまっていないか、すぐに見直ししましょう。

安っぽい服を着ていないか

お洒落に段々と無頓着になってきて、奥さんが特売のチラシを見て買ってきた服や、捨て時がわからず取り合えず持っている服がクローゼットにありませんか。

安っぽく見えるモテにくい特徴
  • ファミリー層向けのショッピングモールで買った服
  • 20、30代の若かれしき頃に気に入って着ていた服
  • 十分着回してヨレヨレになっている服

 

上記のような服を愛用していたりすると確実にダサくみえます。

変にアクセントが入っている服、例えば「袖を折り返すとチェック柄がでてくる」とか「ボタンがレインボーカラーになっている」など。

ショッピングモールに売られている服って、どこかに無駄なアクセントがあったりします。

そして、青春時代に着ていた服は、「流行りから大分過ぎている服」です。

それはレトロとは言いません。

一巡して昔のものが流行ると言われていますが、今風に多少変わっているので、その服は時代遅れと認識されます。

その時は高かったかもしれませんが、どう着まわしても一生カッコよくなることはないです。

むしろ安っぽく見えています。

 

体型にあった服選びができているか

若い頃には着れていた服も、40代ともなれば体型が変わって着れないことってありますよね。

ツイッターのじろりんさん。このビフォーアフターみてください。


ピチピチ体型から、美マッチョに見事に生まれ変わっています。

すごいですね、太っていて赤のニットからお肉がはみ出ていて、ダサく見えませんか。

過去と現在を比べるとこんなにも違うのか、というぐらい差がでてますね。

ただ、マッチョ体型になるには、かなりの筋トレと努力が必要だと思うので、僕には無理です(笑)

なので、自分にあった体型の服を着ることである程度はカバーされますが、出来ていないとこの様な結果になってしまいます。

 

色選びでおじさんぽくなっていないか

歳をとるにつれて「中間色」や「くすんだ色」を好むようになります。

そして、うってつけは田舎のおじさんが着ているカーキやチャコールグレーなどのハッキリしない色味のブルゾンを着ていたり。

まさしくこれです↓

兎に角、色選びで全身をぼかしたがるんです。

若い頃に着ていたハッキリとした色味からはどんどん遠ざかっていきます。

 

スポンサーリンク

40代お洒落な人のモテる服の選び方

では、ダサいおじさんにならないためには、どうしたらいいか。

一番手取り早いのはお洒落な40代から服の選びかたを学んでしまうことです。

今回は、ユーチューブのチャンネル登録者数10万人越えの人気を誇る30代、40代の男性専用スタイリストの大山シュンさんを参考にみていきましょう。

参考にしたのはこちら↓

定番アイテムとトレンドアイテムの割合が大事

何事にもバランスが大切だと思いますが、それはファッションでも同じ。

大山さんが仰っていたのは、定番アイテムとトレンドアイテムを8:2もしくは7:3の割合で取り入れることです。

大人の40代は、定番アイテムで落ち着いた雰囲気を出し、少しアクセント付けにトレンドアイムテムを取り入れると言ったところでしょうか。

お洒落に無頓着でも、よく使う定番アイテムを持っておくだけで、土台が完成するので安心感にも繋がります。

 

お洒落に欠かせない定番アイテムとは

では、ユーチューブの中で幾つか紹介されていた定番アイテムを一部抜粋して、どんなところが魅力なのかをみていきたいと思います。

全部チェックしたいという方は、10分弱で見終わるのでユーチューブも見てみてくださいね。

では、これさえ持っておけば、ダサくなることはないお守りアイテムをみていきましょう。

白のボタンダウンシャツ

出典:UNIQLO

襟がついてるので小綺麗にみえて、白で清潔感もあり女性に好印象をあたえる

すべての着こなしの土台となるアイテム

 

丸首のニット

出典:UNIOLOU

色はネイビーや白を選択し、生地の厚みは中肉厚で体型をカバー

春秋冬の3シーズン使えるので、重宝アイテム

 

ネイビージャケット

出典:UNIOLO

40代大人の綺麗め休日着として活躍できる

1枚はシンプルで着心地の良いものを持っておくと良い。安心感大なジャケット◎

 

ブルージーンズとブラックジーンズ

出典:UNIQLO

ボトムスはシンプルに1本ずつ揃えるのがベター

ブルージーンズは、ももの辺りに色落ちしているものがお洒落にみえて良い

 

ホワイトレザースニーカー

出典:adidas

adidasのスタンスミスがド定番でおすすめ

革靴のような綺麗さと、スニーカーのカジュアルさが非常にバランスよく神アイテム

 

3・4年のスパンでみても色褪せないアイテムである

今回紹介されていた定番アイテムはほとんどがユニクロで揃えられます。

また、一度購入すると、3・4年のスパンで着続けられるので少し背伸びをしてでも買い揃えると良いそうです。

どれもシンプルで、「これならできるかも」と敷居が低く感じられましたよね。

さっそく今週末、ユニクロへ出かけてみるのはどうですか。

 

スポンサーリンク

お洒落素人さんへ僕からのおすすめは

お洒落に欠かせない定番アイテムは分かったし、言っている意味もよく理解できるけど、

自分にセンスがないの分かってるから、どう頑張っても無理な気がする

シンプルなほど、ダサく見えてる気がしてならない…

とまだ諦めムードだったり、自分の固定概念から抜け出せていない…

もの凄くよくわかります。

僕もお洒落には自信がもてなかったので、不安が拭いきれず負のスパイラルから中々抜け出せませんでした。

でも、このファッションレンタルleeap(リープ)に出会ってから変わることができたんです。

月額で服をレンタルすることができる、いわば服の”サブスク”です。

いくつかファッションレンタルってあるのですが、ここはプロのスタイリストさんが服を全身トータルコーディネートしてくれます。

しかも、自分の好みや、なりたい自分になれるよう相談にものってくれます。

たとえば、20年振りの同窓会へ着ていく服や、家族との週末のお出かけコーデ、友人との食事会など、いつも間近になると頭を悩ませていた問題が一気に解決できるんです。

一例ですが、どんなコーディネートをしてくれるのか、こちらから確認できます↓

使いたい時にシーン別で服を選んでもらうことが可能なんです。

かなりおすすめなので、一度チャレンジしてみて欲しいです。

 

\詳細ページはコチラから/

 

スポンサーリンク

これからの人生を楽しむために

ここまで、モテるためにどうしたらお洒落れになれるかご紹介してきました。

次にお洒落になれたら、どんなことが待っているのかもお伝えてしていきますね。

忙しいだけの40代から、お洒落に目を向けることで、いつまでも若々しく見え、歳を取っても老いを感じさせない「モテる40代」になれるのです。

具体的に人生がどう変わるかみていきましょう。

家族や職場、周りの目が明らかに変わる

まず、一番に奥さんや子供から褒められます。

いつものあなたじゃないみたい、痩せて若々しくみえるわ〜まるで別人ね

と言われたり、

「お父さんお洒落だね」と友達から言われたと喜ぶ娘の顔がみれたり

周囲からは、たとえば授業参観で会ったパパ友に

どうしたんですかー!かっこいいじゃないですかー!

と驚かれ、異性のみならず同性からも羨ましがられるようになります。

職場では、後輩女子社員から仕事の悩みや、はたまた恋愛相談までされるように…と急に頼られる存在になり、完全にモテる大人の40代男性になれます。

 

コミュニケーション能力が高くなる

お洒落になると周りからは

  • 性格が良さそう、明るそう
  • すごく幸せそう

と好印象を持たれやすくなります。

見た目だけで、このように判断されるのは、心理学的にハロー効果の一種と呼ばれるそうです。

その結果、よく見られるため人が寄ってきやすくなり、容姿にも自信がつき自己肯定感に繋がっていきます。

また、お洒落な服を着ていると

  • 休みの日にはどこが出かけたくなる
  • 仲の良い友達に会いたくなる

と、どんどん外交的になり、コニュニケーション能力が高くなるのです。

 

お洒落になることは、外見だけでなく、内面的にも人生を大きく左右してしまう効果があるのです。

今あるクローゼットの中身を見直して、お洒落を目指してみませんか。

【メンズ】服の捨て基準はコレ!手放すと見えてくる50代のオシャレ術

 

スポンサーリンク

〜まとめ〜「モテる40代」の服選びで大事なこと

それでは本日のまとめにはいりましょう。

40代の服選びで、大切なポイントをお伝えしてきました。

40代の服選びにおいてダサくならないために
  • おじさんぽい服の特徴を学んで回避する
  • お洒落な人から学んでカッコよく服を選ぶ

 

そしてお洒落になることで、この先の人生がどう変わるかお話しました。

お洒落になると得られるもの
  • 家族や周囲からの周りの目が変わる
  • 自分に自信がつき、自分が好きになる
  • コニュニケーション能力が高くなる

 

お洒落に生まれ変わることで、40代の人生が今よりうんと楽しくなります。

「モテる40代」を目指して、がんばりましょう。

 

僕がほんの少しの努力で、人生を一変させたファッションレンタルleeap(リープ)の体験談載せいています。

よかったら、こちらからどうぞ( ^ ^ )/

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

 

本日も読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です