【ダサいオタク】は服装で回避できるのか?脱オタおすすめアイテム5選

こんにちは、トシです。

皆さんは自分の服装を周りから『ダサい』、『オタクっぽい』などとイジられたことがありますか。

僕は正直何度もありました。

自分では「イケてんじゃん」って思ってても、ことごとく否定される。

その度にめちゃめちゃへこみますよね。

そんなことを繰り返しているうちにいつからかファッションに対する自信がなくなり、

「どうせ自分はダサいしオタクだし…」と諦めていきました。

本音は、オシャレだって思われたい、女子にモテたいって思ってるのに。

でもある時、ふと思ったんです。

このままずっとダサいオタクな自分でいいのか、

街ですれ違うオシャレな人たちは自分と何が違うんだ、

もしかしたらなんとかすれば”ダサいオタク”ってのは回避できるんじゃないか、と。

そしてある結論にたどり着きました。

”ダサいオタク”は回避できます。

人はファッション1つでガラリと変わることができるんです。

もう誰も僕のことを『ダサい』だとか、『オタクっぽい』だなんて言いません。

ダサく見えてしまうにはいくつかのポイントがあったんです。

今回はそのダサ見えしてしまうポイントと一緒に、脱オタするためのおすすめアイテムを紹介していきたいと思います。

 

なんだかダサく見える

買う時は「お、これいいじゃん♪」って思ってたはずなのに、いざ着たり履いたりしてみたらなんだかダサい。

そんなアイテムってありませんか。

残念ながらダサ見えしてしまうポイントを以下にまとめてみました。

 

ダサ見えポイント
  • プリントTシャツ
  • ボロボロのスニーカー
  • サイズ感を無視したボトムス
  • 白いハイソックス
  • トータルバランスが悪い

 

これから順番に説明していきますね。

 

プリントTシャツ

ダサい自分とオシャレなあの人、同じ”Tシャツ”を着てるのになんで違うんだろうと思ったことってありませんか。

でもよくよく見てみると大きな違いがあったんです。

それは無地のTシャツプリントTシャツ

オシャレな人は決まって無地のTシャツを着ていたんです。

 

昔、PIKOのTシャツを着ていて友達に笑われたことがありました。

何もないよりは何か書いてあったほうがいいっしょ、的なノリだったんですが、見事にダサい奴扱いです。

その頃もオシャレに目覚めた友人たちは無地のTシャツを着ていましたね。

ダサかった頃の僕には『シンプル』や『引き算』という概念はありませんでした。

昔の苦い思い出やダサかった過去はこちらに書いてあるので、よければ読んでみてください。

トシのプロフィール~服を見られたくないあまり夜行性だった過去~

 

ボロボロのスニーカー

機能性重視で動きやすいスニーカーなんですが、ここでのポイントは”ボロボロ”ということです。

ダサく見られる人たちは、靴のすり減りや汚れを気にしない人が多かったんです。

「履ければいいや」

こんな考え方は今すぐやめたほうが良さそうですよ。

オシャレは足元からという言葉があるくらいですからね。

 

サイズ感を無視

トップスよりも一目でダサさを象徴してしまうのがボトムス(ズボン)です。

  • 丈の調整をするという概念がなくダボダボのまま履いている
  • 成長期に買ったものをアップデートしないで履き続けている
  • 自分で買わず、親が買ってきたズボンをそのまま履いている

など、サイズ感を無視したものは、ダサいうえにもれなくオタク感まで醸し出してしまいます。

身長が高い人や足長さんは、思ったより短かったなんてこともありえます。

あなたが持っているボトムスのサイズ感は大丈夫ですか。

ぜひ自分に合ったサイズのボトムスを選びましょう。

 

白いハイソックス

先程スニーカーとボトムスのお話をしましたが、そこからチラッと見える靴下選びもポイントです。

ダサ見えする人は白いハイソックス率が高いんです。

 

白いハイソックスは思春期の学生が履いていることが多いので、大人が履くと違和感があるように見えてしまうんですね。

その違和感、今すぐ解消しましょう。

 

トータルバランスが悪い

1つ1つのアイテムは悪くないはずなのにトータルするとなぜかダサく見えてしまう。

それは、トータルのバランスが取れていないことが原因です。

トップス、ボトムス、シューズ、アウター、とそれぞれ単品で選んでしまっているので、

組み合わせた時のちぐはぐ感がダサ見えに繋がっているんです。

ですが”トータルでバランスが取れる”アイテムを選ぶ…これは正直、自分の力だけでは難しい問題です。

なので、ここは潔くプロの力をお借りしましょう。

そこでオススメなのが、ファッションレンタルの『leeap』です。

『leeap』プロのスタイリストさんが自分に似合う服をトータルで選んでくれるサービスなので、簡単にオシャレなコーディネートができちゃうんです。

『leeap』とはどんなものなのか、気になった方はこちらを読んでみてください。

洋服レンタルとはどういうサービス?メリットやデメリットも徹底解説

 

脱オタへの近道!おすすめアイテム5選

ファッションがダサいとどうしてもオタクっぽく見えてしまう傾向にあります。

ではここからは、おすすめのオタクっぽく見えないオシャレアイテムを紹介していきますね。

 

脱オタ!おすすめアイテム5選
  1. 無地のTシャツ
  2. コンバースのスニーカー
  3. 黒のスキニーパンツ
  4. スニーカーソックス
  5. チェスターコート

 

無地のTシャツ

オシャレな人はシンプルを好むことが多いです。

無地のTシャツは万能アイテムでワードローブには欠かせない存在ですが、ここでの注意点は、

  • 生地に厚みがある
  • 首周りが伸びていない

ということです。

この2点を守らないとたちまち”下着感”が出てしまうのです。

こちらは”1枚でも着ることのできるTシャツ”がコンセプトとなっています。

 

引用元:Hanes Japan Fit®

 

コンバースのハイカットスニーカー

誰もが知っている有名なコンバースですが、中でもおすすめなのがオールスターのハイカットスニーカーです。

男女問わず人気のロングセラー商品なのでこれさえ履いていれば、ダサい、オタクっぽいなどとは言われません。

引用元:CONVERSEコンバースオフィシャルサイト

 

黒のスキニーパンツ

先程サイズ感を無視しているボトムスはダサ見えすると言いましたが、体にフィットしたスキニーパンツならその問題もクリアできます。

特に黒いスキニーを選べば、引き締め効果で着やせが実現できて、一石二鳥です。

引用元:無印良品

 

スニーカーソックス

スニーカーやスキニーに合わせて靴下もオシャレなスニーカーソックスに変えてしまいましょう。

こちらはさらりとした肌触りに加え汗の臭いを抑える効果があるので、たくさん歩く日にもおすすめです。

引用元:無印良品

 

チェスターコート

秋冬のアウターはきれい目にもカジュアルにも使える万能なチェスターコートが一押しですが、いきなりロング丈はハードルが高いですよね。

そこで活躍するのがこちらの膝上丈のチェスターコートです。

軽くてシワになりにくいので、出がけにサッと羽織ることができますよ。

引用元:BEAMS(ビームス)

 

やっぱり自信が持てない人へ

おすすめアイテムはわかったけれど、やっぱり上手くコーディネートができていない気がする…。

そんな人にはやっぱり『leeap』がおすすめです。

1度登録さえしてしまえば、あとは直接スタイリストさんとLINEでやり取りするだけで自分に似合う服が自宅に届いちゃうんですが、

このサービスの良いところはなんといってもプロ女性スタイリストさんが選んでくれるところなんです。

女性目線で似合う服を選んでもらえたら、自分に自信が持てると思いませんか。

『leeap』の体験談はこちらで詳しく書いているので、よければ読んでみてください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

 

『leeap』とおすすめアイテムで自分を変えよう

今回はダサ見えポイントと脱オタおすすめアイテムを紹介しましたが、いかがでしたか?

それではもう1度それぞれおさらいしてみましょう。

 

ダサ見えポイント
  • プリントTシャツ
  • ボロボロのスニーカー
  • サイズ感を無視したボトムス
  • 白いハイソックス
  • トータルバランスが悪い

 

 

脱オタ!おすすめアイテム5選
  1. 無地のTシャツ
  2. コンバースのハイカットスニーカー
  3. 黒のスキニーパンツ
  4. スニーカーソックス
  5. チェスターコート

 

”ダサいオタク”は自分次第で誰でも回避することができます。

ファッションを変えればまわりの反応も変わり、自分に自信が持てるようになりますよ。

これからはぜひ、ダサ見えしないポイントを守って、オススメアイテムを活用してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です