男性ミニマリストに人気‼︎【無印良品】で服を選ぶ理由を徹底解説

こんにちは、トシです。

突然ですが、無印良品の服って買ったことありますか。

男女問わず人気がある大人カジュアルな無印良品ですが、僕はそのシンプルさゆえに、

着こなすのが難しいんじゃないか

シンプル過ぎて逆にダサくならない?

と、今まで苦手意識があったファッションブランドの一つです。

嫌いじゃないけど、難易度が高そう…という勝手な無印良品のイメージがついて中々手が出せませんでした。

僕の中では「無印良品=雑貨アイテム」という位置づけで、日用品や食料品などはよく買いにいきます。

でも、無印良品の服を上手にチョイスできるようになったら、ちょっとカコイイと思いませんか。

そこで今回は、ミニマリストに愛用者が多い「無印良品」の服の良さや、なぜ人気があるのかを学んで、おしゃれの上級者に近づいていきましょう。

 

無印良品ってどんな服があるの?

無印良品の服のイメージって、シンプルで自然体なイメージがありますよね。

似たブランドで言うと、ユニクロやGUなどのファストファッションのくくりのような感覚で、僕には正直なところあまり違いがわかりません。

そこで、無印良品の服を調べてわかったことは、デザインのトレンドは追わず、定番商品を年々改良していく所に特徴があり、素材にこだわりコットンやリネンなどを使った商品が多いブランドということ。

確かに言われてみれば、無印良品って人気の定番商品が多いですよね。

よく断捨離や部屋の片付けに出てくるもの、長年愛用していて、また同じものを買い換えるなんてこともよく聞きます。

シンプルなんだけど使うと凄さがわかる便利アイテムや良質なものが多いです。

服も着心地やシルエットなどを改良して、益々バージョンアップしていく…これはミニマリストにはもってこいのブランドなのかもしれませんね。

 

ミニマリストが無印良品の服を選ぶ理由とは?

ミニマリストは必要最低限のもので生活しています。

毎日使う頻度がもっとも多い服でさえ同様に少ないです。

制服のように着回すことで、毎日の服選びに悩むこともないし、その分時間が削れ自由な時間がまた増える。

ただ良いことばかりでもないんです。

ミニマリスト的最大のデメリット
  • 使用頻度が高い分、1枚の服に対して劣化が早くなる

 

毎日洗濯を繰り返すと、当然ながら劣化のスピードも早くなりますもんね。

僕もお気に入りのTシャツを何度も着回した結果、1か月でヨレヨレになってしまった…という苦い思い出があります。笑

次買うときは、

「長持ちする丈夫なものを買おう」

と服選びには慎重になりますね。

この問題を「シーズンごとに服を買い換える」ことで、回避しているミニマリストも多いんです。

無印良品の服は、良質なのに手軽な価格で買い変えられるという手頃感も人気の秘訣なんでしょうね。

シーズンごとに買い換えるので

常に新鮮な気持ちで着続けられるので、飽きがこない

という声もありました。

良質なリネンやコットン素材などは着心地も抜群に良ですし、ミニマリストが好むシンプルなデザインが多いので、好まれている理由には納得です。

無印良品を選ぶメリット
    • リネン、コットン素材の良質なものが多い
  •  手頃な価格で買い換えることができる

 

男性ミニマリストがリピ買いするMUJI Labo商品3選

出典:MUJI Labo 通販|無印良品https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/T10013

ミニマリストの中でも愛用者が特に多い、無印良品のベーシックブランドのMUJI Labo。

無印良品の中でも、値段は少々お高めだけど、シンプルな中にトレンドを取り入れたデザインが大人気なのです。

というのも、このデザインを手がけている人がN.HOLLY WOOD(エヌ・ハリウッド)の尾花大輔さんで、東京2020オリンピック聖火ランナーのユニフォームをデザインした有名カリスマデザイナーなのです。

HOLLY WOOD(エヌ・ハリウッド)は古着やビンテージものを取り扱っているブランドで、無印良品とのコラボは「カッコよすぎる」と、度々話題になったりします。

どうですか。益々気になってきませんか。

また、MUJI Laboは性別、年齢、男女の垣根を越えたモノづくりをコンセプトに、小さいサイズはXXSから大きいサイズのXXLと幅広いですし、生地の素材も豊富なので好みの着心地を選ぶことができます。

実は、無印良品全店舗にあるわけではなく、限定して店舗展開しているので、特別感も…◎。

MUJI Laboの取り扱い店舗はこちら↓

https://www.muji.com/jp/ja/shop/assort/615

それでは、ミニマリストに高評価なアイテムを紹介していきますよ。

オープンカラーシャツ

首元が空いていてリラックスした雰囲気があるので、1着持っていると損がないアイテム。

また、春や秋口などにはジャケットや、コートのアウターにも大活躍できる優れもののシャツなのです。

機能的にもストレッチが効いていて縦横の伸縮性など、ストレスフリーな着心地も◎。

ジャパンファブリックのデニム


MUJI Laboの定番アイテムの一つで、普通のデニムなのにバランスがとっても良いいと評判。

裾をロールアップにしてアレンジしたり、Tシャツやシャツなどに合わせてスッキリ感をだしてみたり、中々優秀なデニムパンツです。

濃い色のものを選ぶことで、カジュアルからフォーマルまで使い回しが効くのでTPOにもデニムパンツが使える。

ストレッチスニーカー


とにかく「軽い、履きやすい、疲れにくい」の良いことづくめの3拍子揃ったスニーカー。

おまけに3990円で買えるコスパ最強のアイテムです。

靴紐がなく、靴底まで黒に統一されているので見た目もスッキリしていてどんな服に合わせ易い大人気商品。

靴紐があると履くのに結んだり、解けると結び直すといった面倒がなくなる理由からスリッポンタイプが好まれるみたいですね。

 

ミニマリスト愛用。好まれているのは服だけではなかった‼︎

無駄がそぎ落とされた無印良品は、衣料品のほかにもキッチンツールや、収納などの生活用品も使えるものが沢山あります。

そこで、ミニマリスト界最強のミニマリストしぶさんが実際使っている無印良品を紹介しちゃいます。

無印良品を使う理由も含めて、ミニマリスト目線でみれるのでとても面白いです。

生活を豊かにするヒントが見つかるかもしれません。

まとめ

無印良品の服はいかかでしたか。

ミニマリスト目線で見ることで、より厳選されたアイテムの良さも伝わり、着てみたくなったと思います。

無印良品が好まれているポイント
    • シンプルの中にもこだわりがある
    • 良質な素材が使われいるので着心地が良い

 

自分のお気に入りを少量持って、着回しできたら気持ちもスッキリしそうですね。

それでもまだ敷居が高い、ファッションに自信がない…と感じるあなたに朗報です。笑

ファッションセンスが全くなかった僕も愛用し学ぶことができたレンタルコーデという裏技があるんです。

気になった人は僕の体験談も是非よんでみてくださいね。

それでは、本日も読んでいただきありがとうございました。

ダサい人が自力でオシャレになろうなんて無理。プロのスタイリストから学ぶべし。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です