清潔感がカギ?ブサイクでもモテる男になるには清潔感を身につけろ!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

 

「ブサイクなだけで損してる」

「ブサイクは何してもモテないし」

そう思っている人、いませんか。

それは、実はすごくもったいない考え方なんです。

 

でも、実際僕もずっとそう思っていました。

僕は一般的に言えば、イケメンではない部類の人間です。

その上、ファッションセンスも壊滅的なレベルで、大学時代も華やかな生活とは程遠い、まさに冴えない人生を送っていました。

でも、ファッションレンタルに出会い、清潔感のある服装を着るようになっただけで、こんな僕でも前向きになれ、女性とも自然に会話したり、オシャレな店にも入れるようになりました。

 

つまり、ブサイクだからモテないのではなく、モテる方法を知らないからモテないということです。

「ブサイクでも努力すればモテる」

街中でブサイクな男性が綺麗な女性を連れて歩いているのを見かけることがあると思いますが、あれこそまさに、清潔感の重要性を物語っています。

顔のつくりよりも、清潔感があってイケメン風にまとまっているだけで、ダサいイケメンよりもよっぽどモテることができます。

清潔感を身につけるだけで、自分に自信が持て、それが自分の魅力にも繋がります。

今回は、ブサイクでもモテる男の特徴と、モテる男になるには清潔感をどう身につければいいのかについてご紹介します。

 

ブサイクでもモテる男の特徴

ブサイクでもクラスの人気者で、ちゃっかり彼女がいるなんて人、いませんでしたか。

僕の周りにも、そこまでイケメンではないのに、なぜかいつも周りから好かれる人がいます。

その人たちは、普通のブサイクとは何が違うのか、その特徴についてまとめてみました。

清潔感がある

まず、女性が男性に求める要素第一位と言われているのが、清潔感です。

結婚相手の条件に「清潔感」はどのくらい重要でしょうか。恋愛、結婚における「誠実」な人について、パートナーエージェントが先日行った調査(「“誠実”って何?ワリカンする女性に“誠実さ”を感じる男性、 総合的に“誠実さ”を評価する女性」https://www.p-a.jp/research/report_139.html)では、結婚相手に求める条件として「清潔感がある」(54.7%)がトップとなりました。

引用元:結婚相手に求める条件第一位は“清潔感のある人

つまり、清潔感があれば、多少ブサイクでもモテるということです。

なぜ清潔感があればモテるのかというと、「清潔感がある=不快ではない」からではないでしょうか。

女性にとって不快ではない人になるためには、顔がイケメンでなくても、

「イケメン風」に見えるかどうかで決まります。

イケメン風に見えるためには、髪型やファッションが清潔感があり爽やかな印象であることが鉄則です。

この清潔感さえ身に着けてしまえば、モテる男にかなり近づけるので、次の章で詳しく説明します。

 

ポジティブ・面白い

ブサイクだけどモテる男のひとつに、一緒にいて面白い、一緒にいて元気になれる人がいます。

 

いくらかっこいい人でも、ネガティブで悲観的な話ばかりの人は、一緒にいたいと思わないですよね。

もちろん、第一印象で見た目は重視されますが、それだけでモテるというわけではないということです。

 

 

確かに、ブサイクでもモテる人は、「自分はモテる」と思っていますよね。

まずは、自分に自信を持つことが大事なんですね。

 

優しい

「どんな男性が好き?」

「優しい人~」

これ、鉄板ですよね。

でも、あながちウソではありません。

単純に優しい人と一緒にいるのは居心地がいいですよね。

口下手で話すのが苦手な人でも、優しさは態度で十分伝わります。

過剰なことをするのではなく、日頃から言動に注意するだけで、安心感を与えてくれる存在になれます。

 

仕事ができる

女性は男性の仕事への姿勢をとてもよく見ています。

 

ブサイクな人でも、仕事の仕方が丁寧だったり、誠実だったら、見た目に関係なく信頼できる人になります。

心配性で慎重な人なのか、大雑把で適当な人なのか、仕事の仕方にその人の性格がよく表れますよね。

仕事が出来る人は、気配りも出来るし、真面目です。

だからこそ、仕事が出来る人はモテるんですね。

 

オシャレ

「ブサイクがオシャレしても無駄なだけ」

なんて勿体ないこと言ってたら、いつまで経ってもモテません。

 

オシャレなファッションをすれば、そのファッションに似合う髪型にしたくなります。

髪型がかっこよくなれば、眉や髭も整えたくなります。

髪型や顔周りが整ったら、体型にも気を遣うようになります。

ブサイクがオシャレしても無駄だと思っている人は、ブサイクから抜け出せませんが、

オシャレを楽しむブサイクは、雰囲気イケメンになることができ、自分に自信が持てるようになります。

 

自分に自信がある人は、性格イケメンになれますよね。

 

まずは清潔感を身につけないとモテる男にはなれない

先ほど、ブサイクでもモテる男の特徴を5つ紹介しましたが、その中でも「清潔感」がないと話になりません。

どんなに面白くて、仕事ができても、清潔感がなければ女性からしたら恋愛対象外です。

でも、「清潔感」と言われても、その定義は難しいというのが正直なところ。

掘り下げて考えていくと、「清潔感がある=不快感がない・汚くない」

ということなのではないかなと思います。

でも、女性が思う清潔感と男性が思う清潔感は少し違うので、男性が完璧だと思っていても、女性から見たら無理な場合もあります。

それは、女性が思う清潔感は、実際に綺麗かどうかではなく、自分の好みであるかどうかが優先されるからです。

他人の好みなんてわからないですよね。

だからこそ、「万人に嫌われない清潔感」を身に着けるのが、モテる男の第一歩です。

毛を整える

まず、女性からみて一番気になるのが、男性の毛です。

髪、眉、髭、鼻毛、すね毛、どれも気にせず伸び放題にしていたら、不潔な印象を与えます。

身だしなみを整えるためには、ある程度の毛の手入れは必要です。

髪は美容室でしてもらえますが、眉、髭、鼻毛は普段から気を付けておく必要があります。

特に、眉は自分で手入れをするのがなかなか難しいですよね。

参考までに眉カットのポイントをご紹介します。

 

 

こちらの動画では、ナチュラルな眉を作るポイントを教えてくれます。

  1. コームの入れ方=内側は薄く、外側に合わせる
  2. 近くで整え、遠くで確認=近くで切って、一回離れて確認する
  3. 削っちゃいけないトコロ=内側のアウトラインを削りすぎると傾斜がつきすぎる
  4. ナチュラル眉の裏テク=ナチュラル派は産毛を1,2本あえて残す

 

爪を伸ばさない

これも意外と見られているポイントです。

 

爪が長い男性は無理、という女性はかなり多いと思います。

女性は男性の手が好きという人も多く、男らしいゴツゴツした手が好きとか、男性なのに意外と綺麗な手が好きとか、色々言われています。

なので、爪が長いというのは、不潔に見えるし、男性らしさもなく、ダメですよね。

 

言動・振る舞いをスマートに

清潔感は身だしなみだけでなく、普段の言動や振る舞いからも「だらしない」「汚らしい」と思われかねません。

例えば、貧乏ゆすりや爪を噛むという癖はやめた方がいいでしょう。

他の人から見たら不快に思うので、それだけでマイナスです。

普段から不平不満が多かったり、浮かない表情で過ごす人も、なんとなく苦手意識を持ってしまいますよね。

一緒にいても楽しくないのかなと心配になります。

なるべく普段からスマートな言動を心がけるようにすれば、話しかけやすい印象になります。

 

きれいめカジュアルで清潔感のあるファッションに

清潔感を身に着けるために一番効果的なのが、オシャレになるということです。

先ほど、モテる男の特徴でオシャレについて話しましたが、オシャレなファッションにするだけで、自分自身をもっとかっこよくしたくなり、そこから自信が生まれます。

といっても、突然オシャレをするのに抵抗があるという人におすすめなのが、

「きれいめカジュアル」な服装です。

 

万人受けしやすく、誰でも気軽に挑戦できる大人のファッションです。

こちらの記事では、大人のオシャレにおすすめなメンズブランドを紹介していますので、

良かったら覗いてみてください。

きれいめカジュアルなものからフォーマルなものまで見つかりますよ。

社会人の私服は『大人』らしくを意識する!おすすめのメンズブランド5選

 

ファッションレンタル「leeap」

オシャレをしたくても、自分でコーディネートするのが難しいという人におすすめなのが、

ファッションレンタル「leeap(リープ)」です。

 

実際、僕もこのリープを利用し始めて、人生が大きく変わりました。

冒頭に話したように、僕は元々ファッションセンスゼロのダサい奴でした。

その様子は、こちらの記事にも書いています。

トシのプロフィール~服を見られたくないあまり夜行性だった過去~

 

でも、ファッションレンタルをするようになり、オシャレが楽しく、友達を誘って遊びに行ったり、オシャレなお店に行ったり、自分に自信が持てるようになりました。

こちらは、実際に僕がリープを利用する前(上)と後(下)の写真です。

利用する前は、部屋着のような印象で、清潔感とはほど遠く、とてもオシャレな店に入れるような恰好ではありませんでした。

でも、リープを利用するだけで、清潔感のある大人のコーディネートになれました。

 

リープの最大の魅力は、プロのスタイリストさんが自分に合った服を選んでコーディネートをしてくれるということです。

さらに、女性のスタイリストさんなので「女性目線で提案してくれる」というのもポイントで、

女性からも好感が持てるような服も提案してくれるで、とても魅力的だと思います。

 

 

また、このようにLINEで気軽に相談できるので、対面では伝えにくい要望も言えますよね。

詳しくは、こちらの記事にも載せているので、良かったら見てください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

 

まとめ

今回は、ブサイクでもモテる男になるにはどうすればいいのかという話をしました。

 

ブサイクでもモテる男の特徴
  1. 清潔感がある
  2. ポジティブ・面白い
  3. 優しい
  4. 仕事が出来る
  5. オシャレ

 

清潔感を身に着けるためには
  1. 毛を整える
  2. 爪を伸ばさない
  3. 言動・振る舞いをスマートに
  4. きれいめカジュアルなファッション

 

以上、まとめるととてもシンプルですよね。

ブサイクでもイケメンでもモテるために気を付けるポイントは同じです。

ブサイクだからと諦めるのではなく、努力をすれば絶対にモテます。

なぜなら、顔だけですべてうまくいく人なんていないからです。

まずは、ひとつずつ、自分にできることから始めてみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です