肩幅狭くて顔でかい男に似合うファッションを注意点も含めてご紹介!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

今回は、「肩幅が狭くて顔がでかい男にはどんなファッションが似合うのか」についてお話していこうと思います。

  • 集合写真をとったり、友達と並んで写真を撮ると肩幅の狭さと顔の大きさが目立って嫌な経験をした
  • 肩幅が狭くて顔が大きいから、バランスが悪くてどんな服を着たらいいのかわからない(似合う服がない)

こんな風に悩んでいませんか。

実は、肩幅の狭さや顔の大きさに悩んでいる男性って結構いるんです。

 

自分の体にコンプレックスを抱く人はたくさんいると思いますが、

肩幅とか顔の大きさって、すぐにどうにかできるものではないですよね。

でも、だからといって落ち込んでばかりの毎日を過ごしていたら勿体ないです。

コンプレックスをうまくカバーしつつ、女性ウケのいいファッションを知ることで、今の悩みから抜け出すことができます。

肩幅が狭くて、顔が大きい男性でもカッコよく着こなせる、似合うファッションはあるんです。

さらに、コンプレックスを抱いている人は自分の自信も無くしがちですが

自分に自信が持てるようになり、人生を変えることだってできます。

例えば、今まで思うように恋愛が出来ず、気になる女性がいたとしても

「どうせ自分なんか…」と臆病になっていた人が、自分のファッションに自信をもてるようになると

気になる女性に声をかけてみようと積極的になれるかもしれません。

仮に結果がダメだったとしても、その気持ちを引きずることなく気持ちの切り替えもはやく次に進めるようになりますよ。

自分にはどんなファッションが似合うのか、またはどういったことに気を付ければいいのかを今から僕が詳しくご紹介しますので

ぜひ、最後までお付き合いください。

肩幅狭い×顔でかい男は着ない方がいいアイテムがある!

まずはじめに、肩幅が狭くて顔がでかい男性が服を着る時(選ぶ時)に注意しておきたいファッションアイテムをご紹介します。

自分で買い物をするときに、ただなんとなく選んでいたという人はこれからご紹介することをぜひ参考にしてみてください。

タートルネックは顔の大きさと肩幅の狭さを強調してしまうのでNG×

引用元:UNIQLO公式

秋冬になると、寒さ対策としてもタートルネックのものを選ぶ人も多いですよね。

ですが、タートルネックは肌の露出がなくなってしまうため、顔のでかさや肩幅の狭さがより強調されてしまいます。

なので、タートルネックはオススメできません。

襟の大きな服は上半身に目線を集めがちなのでNG×

引用元:UNIQLO公式

シャツを選ぶ時などに注意が必要なのが襟の大きさです。

襟の大きなものを選んでしまうと、狭い肩幅が余計に狭く見えてしまいます。

さらに、上半身に目線を引き寄せてしまうため、顔の大きさも目立ってしまいます。

細いボトムスも上半身に目線を集めがちなのでNG×

引用元:UNIQLO公式

ボトムスがスキニーパンツなどの細身のものは、上半身が強調されてしまいます。

よって、顔のでかさや肩幅の狭さが目立ってしまうため、バランスが悪く見えてしまいます。

なので、スキニーパンツをはじめ細身のパンツは避けましょう。

肩幅狭い×顔でかい男にオススメのファッションアイテムはこれだ!

ここからは、肩幅が狭くて顔がでかい男性にオススメの服や小物などのアイテムをご紹介します。

身に着けるもの一つを工夫することで、あか抜けて見えたりいつもと違う自分に出会えるかもしれません。

今まで身に着けたことないアイテムが、実はすごく似合うものだったという出会いも楽しんでもらえたらと思います。

Vネックが顔の大きさと肩幅の狭さをカバーしてくれる!

肩幅狭い×顔でかい男性は顔周りの肌の露出があった方が、首元の詰まったクルーネックネックなどの服よりもスッキリとして見えます。

引用元:UNIQLO公式

↑こちらがクルーネックです。

引用元:UNIQLO公式

そして↑の画像はVネックです。

やはり、首元のカットのデザインが違うがけで随分印象がかわりますよね。

先ほど、タートルネックは肌の露出がないことで顔の大きさなどが強調されてしまうためにオススメできないお話をしましたが、

肩幅狭い×顔でかい男性はVネックのアイテムがオススメです。

首元の肌を出すことによって、顔の大きさをカバーすることができます。

首元の露出があるかないかでは見た目が大きく変わってきますよ。

ジャケットは肩パットの入っているものを選ぼう!

肩幅狭い男性には特にオススメしたいのが、肩パット入りのジャケットです。

引用元:洋服の青山

↑の画像のジャケットは、肩パットが使用されていないジャケットです。

たつさんの(used)を使ったコーディネート

引用元:WEAR

↑の画像は肩パットを使用して着こなしているジャケットです。

比較してみると、やはり肩パットが入っている物の方が、肩幅がしっかりあるように見えます。

肩幅が狭い男性がジャケットを着る時は、肩パットの入っているもの、または肩パットを入れて

ジャケットを着ましょう。

肩パットが入ることによって、肩幅の狭さを感じさせません。

肩幅が広く、男らしくキレイなシルエットになるのでとてもオススメです。

小物を使うことでコンプレックスをカバーしてみる!

げんじさんの「【WYM LIDNM】PE MELTON BOX CHESTER COAT(WYM LIDNM)」を使ったコーディネート

引用元:WEAR

↑の画像はマフラーを巻いていないコーディネートです。

 

げんじさんの「【WYM LIDNM】PE MELTON BOX CHESTER COAT(WYM LIDNM)」を使ったコーディネート

引用元:WEAR

↑の画像はマフラーを使用したコーディネートです。

同じ男性のコーディネートですが、マフラーがあることによって、あか抜けて見えませんか。

顔の大きさや肩幅の狭さをカバーしつつ、秋冬の寒さから守ってくれるマフラーはとてもオススメのアイテムです。

「タートルネックは首元を隠しているのに、マフラーはいいの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、マフラーは首元にボリュームを出してくれますよね。

このボリュームが重要で、顔の大きさや肩幅の狭さをうまくカバーしてくれるんです。

タートルネックではボリュームは出せませんがマフラーなら可能なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コンプレックスに悩んだ日々から抜け出した僕の体験談

ここで少し、僕の体験談をお話させてください。

僕は小さい頃から顔がでかくて、成長するにつれて自分のコンプレックスに感じて

友達や家族に写真を撮られたりすることも嫌になるくらい、自分の顔の大きさに悩んだことがありました。

自分の気にしすぎかなと思ったこともあったんですが、

高校の友達が僕の家に遊びに来た時、中学の卒業アルバムを勝手に見られたことがあり、

クラスの集合写真を見ていた友達が、僕を指さして

「お前、顔でかくね?」って笑いながら言ってきたんです。

(あぁ…やっぱり俺、顔でかいんだな)って心の中で思いながらも、「うるせぇな」って笑いながら返すのがやっとで

友達が帰ったあと、鏡を見て自分の顔の大きさが余計に嫌になり、自分の自信もどんどんなくなっていきました。

大人になってからもしばらくそんな状態が続いていましたが、こんな風に落ち込んでばかりも嫌だなと思ったんですよね。

そこで僕が目をつけたのが、自分のファッションでした。

僕はオシャレに関しては知識もないし、センスもありませんでしたが、

なんとなくネットを見ていた時に、顔の大きさをうまくカバーしてオシャレに服を着こなしている人を見つめたことがきっかけで、

「服を変えるだけで、こんなに見た目が変わるのか」ってビックリしたんですよね。

そして同じタイミングで、「ファッションレンタル」というサービスを知りました。

ファッションレンタルに出会ってからの僕は、自分の顔の大きさにあんなに悩んでいたのがウソのように自分に自信が持てるようになりました。

今では女性と会話をしたり、自分からアプローチできるまでに僕を明るい人間に変えてくれたんです。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、事実なんです。

ファッションが変わるだけで、こんなにも人生が変わるのかと...

決してファッションのことについて、猛勉強したとかそういうことは一切ありませんw

じゃどうやってオシャレを手に入れたのかについて、次にお話します。

ファッションレンタルとは何か?

僕の人生を変えてくれた「ファッションレンタル」について詳しくお話します。

ファッションレンタルとは、言葉通り「服をレンタル」してくれるサービスのことです。

自分で服を買ったり、着る時にコーディネートを考えたりって意外と難しくないですか。

しかも、自分に似合う服ってよくわからない人も多いと思います。

先ほどご紹介した、「こんなアイテムを使うといいよ」とか、「これはよくないから避けましょう」とか

そういう知識を得ても、実際に自分で選んでみるといったらどんなカラーがいいのかとか、迷うことがたくさんあると思います。

でも、ファッションレンタルに任せればそんな心配もいりません。

そして、ファッションレンタルの中でも僕が一番オススメしたいのが「leeap(リープ)」というサイトになります。

leeap(リープ)の最大の魅力

リープはただ単に、服をレンタルしてくれるだけではありません。

プロのスタイリストさんが、服を選んでくれるんです。

さらに、女性のスタイリストさんなので「女性ウケのいいモテ服」などもお願いできます。

それは、女性ならではの視点でコーディネートを考えてくれるからこそできる魅力です。

買うよりお得?選べる二つのプラン

リープは二種類のプランがあるので、自分に最適なプランを選ぶことができます。

実際に買い物に出かけると、どんなに安いお店でも「安いからいいや」といって、次々とカゴに入れてしまい

お会計で1万超えていたという経験はありませんか。

家に帰って着てみると、やっぱり自分には似合わないと全然着ない服でタンスの中が溢れかえっていたり、

お金の無駄だったな、と思うことが多い人はリープを利用した方が安いということもありますよ。

ファッションの悩みごとは、気軽にラインで相談できる!

これは、僕が実際にラインでスタイリストさんとやり取りをしている画像です。

はじめて利用する時は緊張もしていたし、本当に大丈夫かといろいろ不安もありましたが、

担当してくださったスタイリストさんがとても親切丁寧で安心しておまかせできました。

「肩幅が狭くて、顔がでかいから何着たらいいのかいつも悩んでしまう」

ということを、スタイリストさんにラインで気軽に相談することができます。

悩みに沿ってコーディネートを提案してくれるのでとてもありがたいです。

さらに、僕がリープを実際に利用した時の体験談がありますので、もっと知りたくなったという人はぜひこちらも読んで見てください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

リープ公式サイトは、こちらからチェックできます。

\詳細ページはコチラから/

 

本日のまとめ

いかがでしたか。

今日、ご紹介した内容は以下の通りです。

肩幅狭い×顔でかい男性にはNGなファッションアイテム
  • タートルネックの服
  • 大き目の襟の服
  • 細身のパンツ

 

肩幅狭い×顔でかい男性にオススメのファッションアイテム
  • Vネックの服
  • 肩パット入りジャケット
  • マフラーなどの小物

 

以上です。

コンプレックスを上手にカバーする方法や工夫をすることで、あか抜けて見えるようになります。

「こんなことでいいの?」というちょっとしたことでも、やるのとやらないのでは全然違って見えます。

今回ご紹介したことが一つでも参考になれば幸いです。

皆さんが、少しでもオシャレを楽しんで人生がより豊かになりますように。

それでは。

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です