低身長は顔がでかく見える?そんな男性に似合うファッション教えます!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

今回は、「低身長な男性向け」のファッションについてお話していこうと思います。

低身長な男性の人は、こんな悩みを持っていませんか。

  • 顔がでかく見える
  • 自分に似合う服がわからない
  • 女性の隣に並んで歩くことが恥ずかしい

こんな風に思っていませんか。

実は、低身長の人が一歩間違えて服を選んでしまうと、

「顔がでかく見える」といったことが起きてしまうんです。

そのせいで、似合う服がわからないと思っている人も多いようです。

また女性の隣に立ったり歩いたりするときに、どうしても身長の事が気になって

「あの二人、女の人の方が背が高いね」なんてヒソヒソと話されたりすることが気になったりしてしまいますよね。

(そういう嫌な声って小声で話されてもなぜか聞こえてしまいますよね)

僕も身長が高くないので、服を選ぶ時はいくつかの注意点に気を付けています。

とはいえ、昔はそういった知識もなかったので、服装で失敗をしたことはたくさんありました。

女性から「トシくん、その服似合ってないよ。なんかバランスが悪いよ。」と言われたことだってあります。

これだけ評判が悪いと、ファッションに対して苦手意識が強くなってしまい、なかなかオシャレを楽しむことができないでいました。

そんな時に出会ったのが「ファッションレンタル」というもの。

そのおかげで今となってはオシャレについての知識も増えたし、

女性からは「いつもオシャレだよね。センスいいね。」と言われるほどになったんです。

似合ってないとまで言われた過去からこの反応をもらえるようになったことは、僕にとって

すごく自信に繋がりました。

自分に自信がついたことで、身長のことは気にならなくなり、

今では女性と並んで歩く時もまわりの目はどうでもよくなりました。

そんな僕から、低身長な男性がどんな服を着たらいいのか、服を選ぶ時の注意点(ポイント)や

オススメのコーディネート、そして「ファッションレンタル」について教えます。

ぜひ、最後までお付き合いください。

低身長さんが服を選ぶ時の注意点とポイント

低身長症のイラスト

低身長な人が服を選ぶ時に注意したいことや、「こんな服を選ぶといいよ」というものをご紹介します。

今までなんか違う、顔がでかくみえるということに悩んでいた人は、ぜひ参考にしてみてください。

いくつかポイントを抑えることで、オシャレの幅がひろがり、今よりももっと楽しいと思えるようになりますよ。

①VネックやUネックで首元を強調すること。

洋服を選ぶ時に、服の襟元に注目してみましょう。

首元のつまったクルーネックのアイテムを選ぶよりも、VネックやUネックのアイテムを選ぶことで

首元の肌の見える面積が広くなり、顔まわりがスッキリとみえる効果があります。

引用元:ヘインズ公式

左:クルーネック 右:Vネック

画像で比較してみてみると、Vネックの方が首回りの露出があることで、スッキリしてみえませんか。

「これだけでいいの?」と感じる人もいるかもしれませんが、

こういう少しの工夫をすることは低身長さんにはとても大切です。

でも、たったこれだけで印象が変わるなら、すぐにでも取り入れられそうですよね。

②オーバーサイズよりジャストサイズ!

最近の流行りでもあるオーバーサイズですが、組み合わせ方にもよりますが

間違えた組み合わせ方をしてしまうと、低身長さんにとっては余計に小さく見えてしまったり

短足に見えたりして、ダサくなってしまいます。

ゆうたさんの「エクストラファインコットンプルオーバーシャツ(長袖)(UNIQLO)」を使ったコーディネート

引用元:WEAR

低身長さんが着こなすには難しいコーディネートです。

大き目サイズは、足の見える面積がせまくなるので短足に見えます。

なるべく低身長さんは自分に合ったサイズを着る事をオススメします。

③足長効果抜群!パンツは黒スキニーを選ぶ。

低身長さんは身長を高く見せるためにいろいろ工夫をされている人もいると思います。

例えば厚底スニーカー、シークレットブーツといったアイテムで自分の身長を少しでも

高くしたいと頑張っていませんか。

そういったアイテムを使うのもいいですが、黒スキニーといった細めのパンツを選ぶことで足長効果があり、スタイルよくみせるという工夫もあります。

引用元:メンズファッションプラス公式

黒はスマートに見える色だし、どんな服にも合わせやすい最強のカラーですw

絶対に1本は持っておいて損はないので、まだ持っていないという人はぜひ購入してみてください。

低身長さんの顔がでかく見えないオススメのコーディネートとは?

ここからは、低身長さんにオススメのコーディネートを3つご紹介します。

今回は、ファッション投稿サイト「WEAR」に投稿されているものから

僕が個人的にオシャレだな、オススメしたいなと思ったコーディネートをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

①モノトーンコーデでシンプルにまとめる

まっくろさんの(GU)を使ったコーディネート

引用元:WEAR

身長166センチの彼のコーディネートは、モノトーンでシンプルにまとめたオシャレなコーディネートです。

ボトムスのパンツは、足首部分を見せることでとてもスッキリしてみえますね。

低身長さんでもカッコよく真似できるコーディネートではないでしょうか。

②ボーダーアイテムで目線を引き寄せる

ゆうたさんの「《ユニセックスアイテム》18GプライムオーバーミラノリブTシャツ 【MAISON SPECIAL/メゾンスペシャル】(MAISON SPECIAL)」を使ったコーディネート

引用元:WEAR

身長163センチの彼のコーディネートはボーダーTを使っています。

ボーダーアイテムは毎年人気で、いろんなブランドから出ていますよね。

ボーダーを使うことによって、目線を引き寄せる効果があるので身長や顔の大きさを感じさせないという狙いがあります。

③ブラックコーデには小物でアクセントをつける

芝原 純和さんの「FranCisT_MOR.K.S./フランシスト モークス/WASHED LINEN H/S SHIRT(FranCisT_MOR.K.S.)」を使ったコーディネート

引用元:WEAR

身長160センチの彼のコーディネートはこちらです。

低身長で、顔が大きい人にオススメのコーディネートです。

ブラックコーデは、スタイルを良く見せることができます。

インナーにVネックの黒Tを選ぶことや、ネックレスをつけることにより、

顔まわりをスッキリ見せつつ、首を強調することで顔の大きさを感じさせません。

こういった小物でちょっとした工夫をすることもオシャレ度がアップするポイントです。

自分で服を選ばなくて良い!似合う服をコーディネートしてくれます。

さて、ここまでは自分でコーディネートを考える時の注意点やコーディネート例をご紹介してきましたが、

「やっぱり自分でコーディネートを組むのは難しい」という人もいるんじゃないでしょうか。

そんな人におススメしたいのが、「ファッションレンタル」というのもになります。

「え?服をレンタル?」

こんな声が聞こえてきそうですが、そうなんです。

今は、服をレンタルできる時代になったんです。驚きですよね。

様々なファッションレンタルサービスがありますが、今回僕がオススメしたいサイトは

ファッションレンタル「leeap」というサイトです。

ファッションレンタル「leeap」の魅力

leeap(リープ) の概要、口コミ、評判をご紹介 | UD8

引用元:leeap公式

リープはただ服をレンタルできる訳ではありません。

プロのスタイリストの方が自分にあったコーディネートを考えてくれるんです。

さらに、女性のスタイリストさんなんですよ。

ということは...

  • 身長の低い自分に似合う「顔がでかく見えないようなコーディネート」
  • 女性からの好感度もあがるようなコーディネート

 

そんな要望も、女性ならではの視点で考えてくれるのでとっても安心してお任せすることができますよ。

自分に合ったプランを選ぼう

リープは二つのプランから自分にあったプランを選ぶことができます。

カジュアルプランなら¥8,580でレンタルすることができます。

自分で服を買いに行くと、どんなに安いお店でも余裕で1万超えてしまうということはよくあります。

でも、家に帰って着てみたらやっぱり似合わなかったなんてことや、

質がそれなりだから、数カ月でヨレヨレになってしまうなんてこともあります。

そう考えたら、プロに自分に似合う服を選んでもらえるので、リープを利用した方が

安く済むということもありますよ。

自分のコンプレックスをラインで相談しよう

実は僕がリープを実際に利用したときにラインでのやり取りの画像があるのでご覧ください。

担当してくださるスタイリストさんはとても親切でしたし、自分がどんな生活をしているのか、プライベートでどんな場所によくいくか

などこと細かく聞いてくださるので本当に自分に合った服を丁寧に考えてくれるんだという

安心感と信頼感がありました。

実際に僕がリープを利用したときに書いた体験談があるので、詳しく話を聞きたいと思った人は

こちらも読んで見てください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

そして、リープの公式サイトはこちらからチェックしてみてください。

 

\詳細ページはコチラから/

本日のまとめ

いかがでしたか。

今回ご紹介した内容は以下のとおりです。

低身長の人が抑えるべきポイント
  • クルーネックではなくV・Uネックの物を選ぶ
  • オーバーサイズではなく、ジャストサイズを選ぶ
  • 黒スキニーをはいてみる

 

低身長の人向けのオススメコーディネート
  • モノトーンコーデ
  • ボーダーアイテムを使ったコーデ
  • ブラックコーデに華やかな小物を取り入れてみる

 

以上です。

自分のコンプレックスをうまくカバーしつつ、オシャレを楽しめるというのは

自分の自信にもつながりますよね。

自信がつくと、堂々と女性と並んで歩くこともできるようになります。

でも、身長が低いことなど見た目で判断する人よりも、

中身を見てくれる友達や恋人、家族をいつまでも大事にしてください。

きっと、まわりの大切な人はあなたが思うほどそのコンプレックスを気にしていません。

なぜならあなたの全部が好きでそばにいるからです。

それでは。

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です