オフィスカジュアル、どこまでがボーダーラインか解説します!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

今回は、今やオフィスに浸透したオフィスカジュアルの服装についてお話しします。

クールビズやウォームビズ、働き方改革の一環として服装の自由化(カジュアル化)が進んでいます。

働きやすい服装になった反面、悩ましいのがどこまでがボーダーラインなのかということです。

服装規定が細かく決まっていないケースが多いので、

「この服はオフィスに着て行けるのか」

「オフィスカジュアルはどこまで着てOKなのか」

と悩む人が多いのが実情です。

結論は誰に見られても不快感がないラインがボーダーラインです。

迷った際の判断基準にしていただけたらと思います。

会社や部署によっても許されるラインは変わってきますので、会社の先輩や上司、同僚をよく観察することが大切です。

僕の所属する会社もオフィスカジュアルですが、誰に見られても不快感がない服装を心がけてから、

先輩や同僚に「そのシャツどこの?」と聞かれたり、取引先から「君は清潔感があっていいね」と褒めて頂けるようになりました。

不快感を与えない服装のポイントを抑えるだけでOKなので、難しいことはありません。

それでは、詳しくお伝えしたいと思います。

誰が見ても不快感がない服装のポイント

終日オフィスの中で過ごす場合でも、だらしない格好をしていいわけではありません。

仕事仲間はもちろん、訪ねてくるお客さん、オフィスの周辺など言葉は交わさなくてもすれ違う人は大勢いるはず。

服装で会社の印象を悪くしてしまうことは避けたいですよね。

マナーがないと言われないためにも、誰が見ても不快感がない服装を心がけましょう。

誰が見ても不快感がない服装のポイントは以下の4つです。

  1. ベーシックな服でコーディネートする
  2. TPOに応じた着こなしをする
  3. 清潔感がある
  4. カジュアル過ぎる素材は避ける

これらを意識していれば、ボーダーラインを越えてしまうことはないでしょう。

詳しく解説します。

①ベーシックな服でコーディネートする

はじめは、間違いがないシンプルでベーシックな服から揃えましょう。

一般的に、奇抜な色や派手な柄などは浮いてしまう可能性大なので避けましょう。

たとえば、下のような装飾が多いシャツも着回しが難しいため、やめておいた方が無難です。

出典:codefile

きちんと感と快適さを兼ね備えたベーシックなアイテムを選びましょう。

オフィスカジュアルを選ぶ時のポイントです。

オフィスカジュアル 服を選ぶ時のポイント
  • 落ち着いた色合い(モノトーンカラー・アースカラーなど)
  • 無地または主張しすぎない柄(ストライプなど)
  • ジャストサイズ
  • トップスもボトムスもシワが出にくい素材
  • きつくなく動きやすいか

 

②TPOに応じた着こなしをする

  • 外回りがある
  • 来客対応がある
  • 内勤のみ

それぞれのポジションに適した服装にしましょう。

下の図は、青山商事が作成したビジネスにおけるフォーマル度別の着こなしチャートです

出典:洋服の青山 オンラインストア公式

左側の3列がスーツスタイル、真ん中の3列がジャケパンスタイル、右側の3列がノンジャケスタイルです。

右にいくほどカジュアルになります。

目安としてまとめてみました。

  • フォーマル度★★★★★   営業など信用が必要な場面に。ひと昔前のスタンダード。
  • フォーマル度★★★★    来客対応OKのオフィスカジュアルスタイル。
  • フォーマル度★★★     内勤~来客対応OKのスタイル。
  • フォーマル度★★      基本的に内勤のみに適している。
  • フォーマル度★       服装自由~内勤のみに適している。
  • フォーマル度        服装自由~プライベート向き。

 

フォーマル度の低い方から、以下の順序とします。

プライベート<服装自由<内勤のみ<来客対応あり<外回り 

会社の雰囲気を見ながら、参考にしてみて下さいね。

③清潔感がある

  • 服のシワが目立つ
  • 服のサイズ感が合っていない
  • ニットが毛玉だらけ

これらは清潔感がなくNGです。

生地はシワになりにくい素材を選ぶ、ジャストサイズを着る、毛玉の手入れを心がけましょう。

④カジュアル過ぎる素材は避ける

以下の素材はカジュアルなイメージが強いので避けておいた方がいいです。

  • デニム
  • スウェット
  • 綿100%

会社の雰囲気を見てOKであれば、カジュアルさが目立たない暗めの色を取り入れるのがいいと思います。

例えば、下のスウェット素材のジャケットなら、どちらがよりカジュアルに見えますか。

出典:SOYOUS

出典:SOYOUS

ライトグレーの方がカジュアルに見えませんか。

オフィスで着るなら、スウェット素材が目立ちにくいネイビーが良いと僕は思います。

オフィスカジュアルのベーシックアイテムとは?

具体的にどんなアイテムを揃えればいいのでしょう。

ここでは、ベーシックアイテムの種類とコーデ例コスパの高いアイテムを紹介します。

ベーシックなアイテム

持っておきたいベーシックなアイテムは以下の通りです。(スーツは除く)

トップス
  • ジャケット
  • カーディガン
  • ワイシャツ
  • ニット
  • ポロシャツ(会社がOKなら)
  • Tシャツ(会社がOKなら)

 

ボトムス
  • スラックス
  • チノパン

 

靴・鞄・ベルト
  • レザーシューズ
  • スニーカー(会社がOKなら)
  • ベルト

 

ベーシックなアイテムでできる、コーディネート例を紹介します。

出典:WEAR

セットアップスーツ(ジャケット+スラックス)+ノーネクタイ+レザーシューズ

オフィスカジュアルの定番スタイルです。

出典:プロが教えるファッションコーデ術

シャツ+カーディガン+チノパン+スニーカー

内勤向けのリラックスしたオフィスカジュアルスタイル。

出典:WEAR

ジャケット+Tシャツ+スニーカー

Tシャツとスニーカーがカジュアルな内勤向けのスタイル。

出典:ORIHICA

ポロシャツ+スラックス+ローファー

内勤向けのスタイル。ジャケットを羽織れば来客対応にも。

高コスパなアイテム

品質の良さと価格が魅力的な高コスパアイテムをいくつか紹介します。

AOKI アクティブワークスーツ

出典:AOKI公式 商品ページ

アクティブワークスーツ  5,390円(税込)

スーツ老舗メーカーが作った、楽で動きやすく見た目もきちんとしたデイリーに着れるスーツ。

メディアやSNSでも話題になり即完売したこの商品、セットアップで5,390円(税込)と衝撃の価格。

現在は第4弾、第5弾が発売中です。

やはり、コスパの良さが話題になっているようです。

UNIQLO スーパーノンアイロンシャツ(ボタンダウンカラー・長袖)

出典:UNIQLO公式 商品ページ

スーパーノンアイロンシャツ(ボタンダウンカラー・長袖)  2,990円(税込)

綿100%なのにシワがよりにくく、洗濯後ノンアイロンで着れる驚きのシャツ。

オフィス仕様のシャツで、生地には光沢感があり、着心地も◎です。

UNIQLO エアリズムヒヨクエリポロシャツ(半袖)

出典:UNIQLO公式 商品ページ

エアリズムヒヨクエリポロシャツ(半袖) 990円(税込)

襟元や質感がフォーマルな一枚。

洗濯してもシワになりにくく、肌触りや着心地が良い、オフィスに最適なポロシャツです。

ラクな着心地、印象の良さ、値段、三拍子そろった優秀なアイテムです。

ORIHICA クルーネック半袖ニットTシャツ

出典:ORIHICA 商品ページ

クルーネック半袖ニットTシャツ 3,289円(税込)

ドレス感のある上品なニットTシャツ。

ニットはシワになりにくいので、きちんとした印象を与えることができます。

同僚も言っていましたが、女性はニットを着る男性にキュンと来るそうです。

秋冬はウールやカシミヤ、春夏はリネンやコットンなど季節に合った素材を選びましょう。

ORIHICA クルーネック半袖シャツ

出典:ORIHICA公式 商品ページ

クルーネック半袖シャツ 2,189円(税込)

光沢感のあるドレスライクなきれいめTシャツ。

しっかりとした生地で一枚で着ても透けません。

ジャケットやカーディガンを合わせて。

ジャケットの中に着ているTシャツのシワは意外と目立ちます。

シワになりにくい素材のシャツで清潔感を保ちましょう。

GU テーパードトラウザーSW

出典:GU公式 商品ページ

テーパードトラウザーSW 2,490円(税込)

綺麗なシルエットラインが評判のスラックスです。

シワになりにくく、洗濯機でも洗えるのでデイリーユースに最適です。

GU ワンダーシェイプスキニーパンツ

 

出典:GU公式 商品ページ

ワンダーシェイプスキニーパンツ 2,940円(税込)

シルエットが綺麗なスキニーパンツ。

ストレッチ性に優れ動きやすく、生地感も良いのでオフィスに向いています。

ミニマリストしぶさんもこのパンツを愛用しています。

シンプルイズベスト、どんなトップスにも合う細身シルエットの黒スキニーはすっかり定番になりましたね。トレンドにも左右されず、幅広いTPOに合わせられるという点で「私服の制服化」にも向いてる。いつでも買い直し可能で値段も手頃なGUで購入。スキニーながら、360度に伸縮する素材で履き心地も良いです。

引用:ミニマリストしぶのブログ

一目置かれるなら、ファッションレンタルを利用しよう

ベーシックな着こなしに慣れてきたら、次のステップとして気の利いたオシャレをしてみたいと思う方もいるかもしれません。

  • いつも同じ服を着ていると思われたくない
  • 応用編をしてみたい
  • でも失敗はなるべく避けたい

 

このような方には、ファッションレンタルオススメです。

僕も利用しているファッションレンタルleeap(リープ)は、月8,580円(税込)で毎月トップス3枚、ボトムス1枚の2コーデが借りられます。

以下のような、オフィスでもOKなカジュアルコーデがレンタルできます。

出典:Instagram

出典:Instagram

スタイリストは女性なので、女性の視点でコーディネートしてもらえるのが嬉しいポイント。

ジャケット付プランなら、月15,180円(税込)でトップス2枚、ボトムス1枚、ジャケット1枚の2コーデが借りれます。

出典:Instagram

出典:Instagram

このように、季節に合った色合いや素材感の服も借りれます。

レンタルの強みは、何といっても着こなしの幅が広がること。

普段自分では選ばない服、流行を取り入れたいといった要望もOKです。

好みや体型に合わせた服をプロのスタイリストが選んでくれるので、ハズす心配がないので安心です。

大手セレクトショップなど有名ブランドの服を取り扱っているので品質も◎です。

オフィスファッションをワンランクアップするなら、leeapを試してみてはいかがでしょうか。

職場できっと一目置かれる存在になると思いますよ。

気になった方は、僕の体験談もありますので、ぜひご覧ください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

そして、リープの公式サイトはこちらからチェックしてみてください。

\詳細ページはコチラから/

まとめ

今回は

  • オフィスカジュアルはどこまでがボーダーラインなのか
  • 服を選ぶ時のポイント
  • オフィスカジュアルの高コスパアイテム

についてお話ししました。

いかがでしたか。

今日のまとめです。

オフィスカジュアル どこまでがボーダーラインなのか
  • 誰が見ても不快感がないラインまで

 

オフィスカジュアル 服を選ぶ時のポイント
  • 落ち着いた色合い(モノトーンカラー・アースカラーなど)
  • 無地または主張しすぎない柄(ストライプなど)
  • ジャストサイズ
  • トップスもボトムスもシワが出にくい素材
  • きつくなく動きやすいか

 

オフィスカジュアル 高コスパアイテム
  1. AOKI アクティブワークスーツ
  2. UNIQLO スーパーノンアイロンシャツ(ボタンダウンカラー・長袖)
  3. UNIQLO エアリズムヒヨクエリポロシャツ(半袖)
  4. ORIHICA クルーネック半袖ニットTシャツ
  5. ORIHICA クルーネック半袖シャツ
  6. GU テーパードトラウザーSW
  7. GU ワンダーシェイプスキニーパンツ

 

ファッションレンタルを利用しよう
  • leeapなら、職場で一目置かれるオフィスファッションができる

 

出勤しなくても仕事ができる時代になりました。

リモートワーク用にリラックスを追求したセットアップスーツなども開発されるようになって

その快適さゆえに、スーツの転換期という見方もあります。

時代の流れは変わっても、仕事場において誰に対しても不快感を与えない服装はマナーとして

あり続けると思うので忘れずに覚えておきたいですね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です