サラリーマンのスーツ姿がダサくみえるのはなぜ?オシャレに着こなすコツ

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

こんにちは、トシです。

 

今回は、サラリーマンのスーツ姿がダサくなる理由とオシャレに着こなすコツについてご紹介します。

 

街中でスーツ姿の人を見かけた時に、

「この人かっこいいな!オシャレだな!」と思われる人と、

「なんかダサい。仕事出来なそうだな。」と思われる人がいますが、

それは、スーツの着こなし方を知っている人と知らない人の違いです。

 

実際、僕も新入社員の時は、就職活動の時に着ていたリクルートスーツで十分と思っていた人間で、

「くそダサいサラリーマン」のひとりでした。

でもある時、このままではいつまでたっても「ダサい」「冴えない」人間だと気づきました。

 

そこで、僕はファッションレンタルという方法を使い、「ダサい」から抜け出すことができました

 

同じスーツ姿でも、ほんの少し気を付けるだけで、見違えるほどかっこよくなり、自分に自信が持てるようになります。

自分に自信が持てるようになると、

  • 会社で発言ができるようになり、上司にも信頼され、大きな仕事を任された
  • オシャレな店にも入れるようになり、外に出るのが楽しくなった
  • 苦手だった女性との会話も、積極的に参加できるようになった

というように、僕は変わることができました。

 

気を付けるポイントは簡単なので、まずは、ぜひ参考にしてみてください。

行動しないと何も変わりません。

 

スーツがダサい人の“あるある”

僕は、スーツを着て颯爽と歩く男性は、大人の男の象徴と思っていました。

誰でも大人になってスーツを着ればそうなれると、簡単に思っていたのに、現実はそうでもありませんでした。

では、なぜスーツ姿がダサく見えてしまうのか。

ひとつずつご紹介します。

サイズが合っていない

まず一番多いのは、サイズが合っていないためにダサく見えることです。

ジャストサイズのスーツの選び方3つの基準を知ってダサいスーツ卒業>

上下の写真は同じ人ですが、別人に見えませんか。

上の写真のようにジャケットが大きすぎると、着せられている感が出てしまうし、

『冴えないおじさん』『古臭い』、そんな雰囲気になってしまいます。

スーツのサイズが合っているだけで、若々しく、爽やかな印象になりますよね。

 

ジャケットだけでなく、特に女性がダサいと思う第一位が「パンツがダボダボ」でした。

社会人になって、ストリート系 なのはダサいですよね。

 

色味がバラバラ・地味

次に多いのが、色味が合っていないこと

ダサい人ほど、色を使い過ぎてしまっていたり、黒スーツに白シャツの組み合わせばかり

着ていませんか。

色味に統一感がないとありえないぐらい「ダサい」し、黒や白ばかりだと「地味」で

オシャレに無頓着な印象になってしまいます。

<サラリーマンのスーツがダサい?理由は安いから>

上の写真は、色だけでなく、生地やサイズ感や持っている鞄などの問題もありますが、

全体的に色味がぼやけてパッとしない印象です。

 

シャツがダサい

こちらも意外と多い意見で、シャツがダサいということです。

職業や職種にもよりますが、あまり個性的なシャツを選ぶのは、ある意味挑戦だということです。

<クールビズで買ってはいけないダサいシャツ・ポロシャツ[デザイン編]!決め手は「大人っぽさ」。>

  • ボタンホールとボタンの糸が黒いシャツ
  • 襟裏や袖裏に柄があるシャツ
  • 二重襟のシャツ
  • 襟もとにボタンが2,3個あるシャツ

 

このように、特徴的なシャツは目を引く半面、マイナス要素としてとられてしまいます。

ビジネススタイルにカジュアルさや目立つデザインはいりません。

無難でシンプルなシャツが一番です。

 

シルエットが崩れている

また、意外と見落としがちなのが、ポケットに物を入れすぎるということです。

<あなたが履いているスラックス。あなた自身によって傷ませてしまっているかもしれない!>

ジャケットやズボンのポケットに携帯や財布、名刺入れ、ノートやペンなど入れていませんか。

先ほども話したように、スーツはサイズが合っていないとダサく見えます。

ジャストサイズのスーツに物をたくさん入れてしまうと、そのシルエットが崩れてしまい、ダサく見えてしまいます。

また、ダサいだけでなく、大雑把や雑な印象も与えかねませんし、スーツの生地が伸びて痛んでしまいます。

せめて、ポケットにハンカチ、内ポケットにペンや名刺入れを入れるぐらいにしましょう。

 

インナーが見える

白シャツのインナーの色や柄が見えるほど、ダサいことはありません。

オシャレなTシャツをあえて見せるのがオシャレなんて思っている人はもうアウトです。

社会人として、シャツのインナーは何も着ない、もしくは無地の肌着が基本です。

写真のように、襟の上からTシャツが見えたり、袖口からロングTシャツが見えないよう、

色だけでなくサイズも気にして選ぶようにしましょう。

 

ダサくならないスーツの着こなしテク

スーツがダサい人によく見られる特徴について話しましたが、次にどのようなポイントに注目すればダサくならないのかについて、ご紹介します。

ジャストサイズを見つける

やっぱりスーツで一番大事なのが、サイズ感です。

このサイズ感が合っていないと、どれだけ高いかっこいいスーツを着ていても、スマートなサラリーマンには慣れません。

では、具体的にジャストサイズのスーツの選び方についてご紹介します。

ジャケット

① 肩幅は指1本入るくらいのゆとり

 

② ボタン位置のゆとりはこぶし1個

 

③ 着丈はお尻が隠れるか隠れないかくらいの長さ

 

④ 袖丈は外側に曲げた手の甲にかからない位に

 

⑤ 襟からシャツが1~2㎝見える

 

⑥ 袖からシャツが1~2㎝見える

<ジャストサイズのスーツの選び方3つの基準を知ってダサいスーツ卒業>

 

スラックス

① ウェストは指1本入る程度

 

② 裾は少したわむ長さに

<ジャストサイズのスーツの選び方3つの基準を知ってダサいスーツ卒業>

 

色味を統一してシンプルに

先ほど、スーツがダサい人の特徴で、色味がバラバラ・地味というものがありました。

色を加えすぎると派手すぎてダサい、色がなさすぎると地味になりますよね。

その色味のバランスが難しいと思っている人は多いはずです。

一般的に、トータルコーディネートで3色以内に収めることがオシャレに見えるポイントだと言われています。

同系色でまとめる、差し色を1色いれるなど、色々試しながら自分に合った組み合わせを探してみましょう。

ネイビースーツ

男女問わず人気のネイビースーツに合ったコーディネートをご紹介します。

ネイビースーツには、白・水色・ピンクのシャツがまとまりやすくおすすめです。

<ネイビースーツのおしゃれな着こなし方!>

 

グレースーツ

グレーは明るいグレーから暗いグレーまで幅広く、その色味や質感によって全く印象が変わります。

シャツやネクタイも比較的どんな色でも合わせやすいので、スーツ初心者にはおすすめの色です。

<グレースーツを着こなす!>

 

清潔感を常に意識する

スーツはおかしくないのに、なぜかダサく見える人っていませんか。

それは、その人自身が「不潔・だらしなく見える」ということです。

どんなにオシャレなスーツを着ていても、シャツがシワシワだったり、黄ばんでいたらそれはアウトですよね。

スーツは大人の制服です。

最低限大人らしい清潔感で身だしなみを整えましょう。

  • シャツやスーツにシワがついていないか、痛んでいないか
  • パンツのセンタークリースが消えていないか
  • 寝ぐせや髭の剃り残しはないか
  • 靴は汚れていないか、擦り減っていないか

また、毎日着るものなので、ローテーションできる数を持っておくのもひとつの手です。

シャツや靴下なら最低3,4枚、スーツや靴は最低2着は揃えておきましょう。

 

自分磨きをする

女性が意外と見ているのが、スーツに似合う体型かどうかということです。

一概には言えませんが、やっぱり胸板が厚く、腹筋がある人の方がスーツ姿がかっこよく見えますよね。

これは、元々欧米人の体型に合わせてスーツが作られていたということもあるかもしれません。

体型管理できている男性はかっこよく見えますし、スーツも似合うし一石二鳥です。

 

ファッションレンタルでワンランク上のオシャレを

ダサくならないスーツの着こなしテクをご紹介しましたが、より確実に、手っ取り早くできる方法に、ファッションレンタルがあります。

冒頭に書いていましたが、僕は以前ファッションに疎く、まるで自分に自信のない人間でした。

トシのプロフィール~服を見られたくないあまり夜行性だった過去~

 

それが、ファッションレンタル「leeap(リープ)」を利用するようになり、積極的に外出するようになり、オシャレなお店にも入れるようになりました。

月額制で選べるふたつのプランがあり、ビジネス向けにおすすめな「ジャケパンプラン」というものもあります。

こちらは実際にLeeapでレンタルできるコーディネートです。

少しカジュアルなものから、プレゼンなど大事な仕事の時に着られるものまで、幅広いコーディネートがあります。

税込み15,180円で、トップス2枚、ボトムス1枚、ジャケット1枚をレンタルすることができます。

洗濯もOKなので、毎日のコーディネートとして活用できますよね。

僕がおすすめなのは、プロのスタイリストさんが選んでくれるということと、LINEで気軽に相談できるということです。

このように、自分が持っている服や小物の相談も気軽にできます。

詳しくは、こちらのページでも紹介していますので、良かったら参考にしてみてください。

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

 

まとめ

以上、サラリーマンのスーツがダサい理由とオシャレに着こなすコツについてご紹介しました。

 

ダサいスーツの特徴
  1. サイズが合っていない
  2. 色味がバラバラ・地味
  3. シャツがダサい
  4. シルエットが崩れている
  5. インナーが見える

 

ダサく見えないスーツの着こなしテク
  1. ジャストサイズを見つける
  2. 色味を統一してシンプルに
  3. 清潔感を常に意識する
  4. 自分磨きをする

 

スーツ姿をかっこよく見せるには、スーツだけでなく、清潔感や自分磨きも意識することが大事だとお話しました。

スーツをかっこよく着こなして、スマートなサラリーマンを目指しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です