安くてコスパの良いおしゃれな服を選ぶ。30代キレイ目大人男性になろう!

「誰かが自分に合った服を選んでくれたらいいのに」そう思ったことはありませんか?

僕は昔からファッションセンスには自信がなく「えっ、今日は寝巻きで来たの?w」なんて友達にからかわれてました。

だから、当然女の子にも相手にされなかったし、それを受け入れている自分もいました。 

でも今では、ファッションに苦手意識はありません。

それは、プロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスを見つけたからです。

プロが考えてくれるんだから外れなんてないし、こっちは送られてきた服を着るだけ。

それだけで、表参道を歩くオシャレ上級者と肩を並べるような服装になれちゃうんです。

実際、そのサービスで選んでもらった服を着て合コンに行ったら、気になってた子と連絡先を交換して、後日デートすることもできました。

 

 

こんにちは、トシです。

突然ですが、30代って服にお金をかけるのが難しくなりますよね

30代は、ライフステージの変化から、洋服にかけられるお金が減っているそうです。

20代の時は、自分だけのためにお金を使えたので好きな服も買えましたよね。

ただ、30代になると仕事で責任が増したり、家庭を持ったりして自分の自由って減ってしまいます。

体型も、20代のころのようにシュッとした感じではなくなりつつある…、昔、着られた服も、もうピチピチで新しい服を買わなきゃと思っていたりする

20代の時のように、流行に合わせて人気のある服を着るのも、30代になった今では似合わないし、正直、痛い…

男は30代になったら、流行りの派手さを追いかけた20代とは違う、シンプルで落ち着いた配色のキレイ目な服を選びたいですね。

しかも、お金をかけずにコスパの良い服を選びたい

そんな、あなたに、30代男性のファッションで重視されること、コスパの良いブランドを5つご紹介します。

30代は落ち着いた男性の色気が出始める頃です。

その時期に、若い時の気分を引きずってやんちゃな服を着ていては、せっかくのモテ期を逃してしまいかねません。

年齢に応じた大人のファッションに身を包んで、大人の魅力を出すことで、女性からの見る目も変わります。

ここで30代の大人服を学んで、女子から注目される男性を目指しましょう!

この記事を読むと、30代の大人男性ファッションの鉄則がわかり、コスパの良い服を探すことができるようになります。

 

30代メンズファッションで守るべきルール

30代のファッションで重視されること、それは以下の三つです。
この3つを守れば、30代メンズファッションの守るべきルールがわかります。

  • 清潔感
  • 上品さ
  • 自分に似合う服

 

清潔感

30代の大人男性は、20代男性と違い、何もしなくても清潔感がある状態をキープするのが難しくなっていきます。

お肌や体型を維持するのも、ある程度の努力が必要になります。カジュアルなファッションを身に着けるとしても、ある程度きちんと感、清潔感が大切です。

清潔感がある男性は、好感度もグッと上がりますよ

 

上品さ

若い頃は、流行を追ったり、自分の着たい服を着ていたけれど、大人になった今では、そうもいきません。

20代のころの服をそのまま着続けていると「子供っぽい」と思われることも。

カラフルな服やアイテムもカジュアル差が増して、「子供っぽく」見えます。

30代は大人の男性になりませんか

派手過ぎないモノトーンカラーアースカラーキレイ目なシンプル服上品さを出し、大人っぽさをアピールしましょう。

 

自分に似合う服

20代のころはオーバーサイズの服をダボっと着たり、逆にピチピチの服を着ていませんでしたか。

若い頃は、やんちゃなファッションでも、若さがあるから許されていましたが、30代男性ではNG。

ダボっとした服は清潔感につながりませんし、ピチピチの服はおなか周りが気になる体型だと厳しいです。

大人ファッションはサイズ感の合った、自分に似合う服を着ましょう

体にほどよくフィットするサイズ感の服を選べば、スマートな印象を相手に与えることができます。

 

30代が着られるコスパの良いブランド5選

これからご紹介する5つのブランドは、コスパがよく、低価格で服をそろえられます。

カジュアルからキレイ目まで、幅広いファッションブランドをご紹介します。

  • ユニクロ
  • ナノ ユニバース
  • 無印良品
  • コムサイズム
  • GAP

 

ユニクロ

引用元:ユニクロ公式オンラインストア

ユニクロは、老若男女問わず、全年齢層が着られるカジュアルなブランドです。

シャツやカーディガンといった定番アイテムから、エアリズム、ヒートテックとラインナップが豊富。

実店舗も多く、取り扱われる服のサイズも豊富です。ベーシックなデザインとカラーバリエーションの多さも特徴です。

 

ナノ ユニバース

引用元:ナノ ユニバース公式通販

ナノ ユニバースは、東京カジュアルをベースに、ヨーロッパのテイストを取り入れたモダンなモード系カジュアルブランドです。

普段使いのカジュアルなアイテムやスーツやジャケットなどのフォーマルで使えるアイテムがそろっています。

シルエット的には少しタイトなイメージです。

 

無印良品

引用元:無印良品

無印良品は、「無印」というだけあって、シンプルでクセがなく、着る人を選ばない服が多いブランドです。

クセが無いので、カジュアルにもキレイ目にも見せることができるので使い勝手の良いアイテムが多いです。

 

コムサイズム

引用元:コムサイズム公式通販サイト

コムサイズムは、黒を基調としたシンプルなデザインの服が多い、日本のブランドです。

デザイン性が高く、ベーシックなデザインの物が多く、流行に流されないファッションなので、次のシーズンも安心して着られます。

 

GAP

引用元:GAP公式オンラインストア

GAPは、アメリカンカジュアルの代表的なファストファッションブランドです。

ジーンズやパーカーなどの流行り廃りの無い、定番のアイテムが多く取り揃えられています。

カジュアルですがシンプルなアイテムも多いので、組み合わせ次第で大人ファッションも目指せます。

 

コスパの良い、おしゃれな服を選んでも着こなしは難しい

これまで、30代のファッションで重要なことと、コスパの良いおススメブランドをご紹介しました。

ただ、服は選んで買うだけでなく、着こなさなければなりません。

シャツとパンツ、ジャケットなど、個々にオシャレな服を選んでも、組み合わせてみると、着こなしがダサい…

なんてこと、ありますよね。

そうなってしまうと、せっかく安く服を買ってもお金が無駄になってしまいます

そんなとき、お勧めするのがファッションレンタル【leeap】です。

この leeap(リープ)は、月額制のファッションで、プロの女性スタイリストが自分に合わせて、服をトータルコーディネートしてくれます。

着こなしに自信がない人やどんな服を選べばいいかわからない人には、ぴったりなサービスです。

僕も、服を選んでもらったのですが、自分で選ぶより、ずっとオシャレな服が家に届くし、スタイリストさんとの連絡もラインで済ませられたので、とても楽でした。

実際の体験談もあるので、参考にしてくださいね。

 

【leeap(リープ)体験談】leeapはダサい人間にも優しいファッションレンタルだった

 

気になるお値段ですが、月額8,580円(税込)トップス3枚とボトム1本を2コーデを選んでもらえます。

普通にトップス3枚、ボトム1本買えば、安いユニクロでも8580円は超えてしまいます。

月額で決まった料金ですし、毎月、季節に合わせた自分に似合う服が届くのは、お得ですよね。

僕も、leeapを利用するようになって、「最近、何だかオシャレになったね!」と、周囲からの好感度が上がりました

おしゃれな服を買うこと、選ぶことから解放される、ありがたいサービスです。

\詳細ページはコチラから/

 

まとめ

 

今回は、30代のファッションで重要なことと、コスパの良いおススメブランドをご紹介しました。

では、今日のおさらいです。

30代のファッションで重視されること
  • 清潔感
  • 上品さ
  • 自分に似合う服

 

30代が着られるコスパの良いブランド5選
  • ユニクロ
  • ナノ ユニバース
  • 無印良品
  • コムサイズム
  • GAP

 

大人30代におすすめレンタル
  • ファッションレンタル【leeap】

 

コスパの良いオシャレな服を選び、やんちゃだった20代のころとは違う

大人の魅力あふれる素敵な30代男性になりましょう

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • ダサい人が自力でオシャレにはなれません
  • 服はプロに選ばせる時代です
  • 服装で人生は180度変わります
  • 服装を見られたくないあまり引きこもりがちだった人間→服を見て欲しいがために用もなく外に出る人間に変わりましたw

僕は思春期のころに、自分なりにオシャレをしたつもりでも、周りからことごとく酷評された苦い思い出があります。

それからというもの、どこに行くにしても

「ダサいって思われてるかも」って考えが頭から離れなくて、ホントに私服で外に出るのが憂鬱でした。

そんなときに、見つけたのがプロのスタイリストが自分に合った服を選んでくれるサービスです。

プロが選んでくれるから安心感がハンパないし、実際に着ていくうちに、自分に似合う服ってのが分かるようになりました。

ファッション雑誌に載ってるような、小顔長身イケメンでしか成立しないようなオシャレではなく。

等身大の自分にあったオシャレができるようになったんです。

それ以来、さんざん僕のファッションをバカにしてた友だちからも、「なんか垢抜けたな」って言われたり。

昔は「自分はダサい」っていう思いが強くて、女の子とまともに話すこともできなかったけど、

今では堂々と話せるようになったし、自分からデートに誘うなんてことまでできるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です